美容・化粧品

花王、「エスト バイオミメシス ヴェール」・カネボウ化粧品「センサイ バイオミメシス ヴェール」の取り扱い店を拡大

2020.01.23 19:22 更新

 花王は、昨年12月4日に発売した花王の「エスト バイオミメシス ヴェール」、カネボウ化粧品の「センサイ バイオミメシス ヴェール」の取り扱い店を拡大する。「est」は、3月6日から国内の約100店に導入。「SENSAI」は1月以降順次、欧州の旗艦店で発売する。

 同商品は、積層型極薄膜形成技術「Fine Fiber Technology(ファインファイバーテクノロジー)」の応用商品第一弾として、スキンケア用途で発売したもの。高性能小型機器によってつくられる極薄膜と美容液で、就寝中、肌の湿潤環境を整え続けるという新たなナイトケア提案が、先行発売以来、好評を得ているという。

 昨年12月4日に「est」と「SENSAI」から発売した「バイオミメシス ヴェール」は、夜のスキンケアの最後に加える、2ステップからなるスペシャルケアとのこと。

 同商品に対しては、日本のみならず、海外からも注目が集まっているとのこと。高性能小型機器がつくりだす極薄膜と美容液によるナイトケア提案の新しさや、極薄ヴェールが長時間肌に密着し湿潤環境を整えるといったスキンケア効果への期待、ヴェールを剥がす見た目のインパクトなどによって、発売前から多くの問い合わせが寄せられたという。

 購入した消費者のうち、「est」は8割以上が、「SENSAI」は6割以上が、はじめてそれらのブランドを購入した消費者であることからも、同商品への興味関心や期待の高さがうかがえる。

 「エスト バイオミメシス ヴェール」の展開状況と今後の予定について、日本では、取り扱い店を現行の直営店および、百貨店6店から全国規模に拡大し、3月6日から、約100店で発売する。

 海外の消費者に向けては、越境ECで1月8日から販売を開始した。また、1月22日から、韓国の新世界免税店明洞店でも発売。以降、花王シンガポール、花王香港、花王台湾、花王中国でも順次取り扱いを開始する予定となっている。

 「センサイ バイオミメシス ヴェール」の展開状況と今後の予定については、海外では、イギリスのハロッズ百貨店、フランスのボンマルシェ百貨店で2月から発売予定のところ、前評判の高さからハロッズ百貨店では時期を早め、1月20日に発売した。以降、順次欧州での取り扱いエリアを広げていく。

 また、免税店では、成田空港第2ターミナルJAPAN DUTY FREE本館店で昨年12月末から発売しており、越境ECでは4月から取り扱いを開始する予定となっている。

[小売価格]
美容液:1万2000円
高性能小型機器:5万円
化粧液:8000円
(すべて税別)

花王=https://www.kao.com/jp/


このページの先頭へ