美容・化粧品

資生堂、敏感肌向けスキンケア・メイクアップ総合ブランド「dプログラム」の新ミューズに女優の広瀬すずさんを起用、ヘビーユーザーだからこそわかる使用感などの発信を

2020.01.14 19:38 更新

 資生堂の敏感肌向けスキンケア・メイクアップ総合ブランド「dプログラム」は、新ミューズとして女優の広瀬すずさんを起用し、花粉やちりなどの微粒子汚れから肌を守り、色むらもカバーする日中用保護美容液・化粧下地「アレルバリア エッセンス BB」の新CMを2月14日に放映開始する。1月14日に行われた新ミューズ就任発表会では、広瀬さんが登壇し、敏感肌で悩んでいた時期に出会った「dプログラム」を今では毎日欠かさず愛用している点など、自身の肌ケアについて語ってくれた。

 「当社が展開する敏感肌向けスキンケア・メイクアップ総合ブランド『dプログラム』は、デリケート・スキン・プログラムという意味を持ち、“ときどき敏感肌”から、なりたい肌を目指す女性を応援するブランドとして製品を展開している」と、資生堂ジャパン プレミアムブランド事業部 スキンケアマーケティング部 dプログラムジャパングループ dプログラムジャパンの河合有起ブランドマネージャーが挨拶。「当社は、まだ敏感肌という概念もなかった50年前から研究を重ね、1971年に業界初の敏感肌化粧品『イブニーズ』を発売した。そして、1997年に『dプログラム』へと刷新。2008年には医薬部外品へとリニューアルした」と、敏感肌に悩む女性に向けた製品を50年間提供し続けてきたのだと胸を張る。

 「昨今、生活リズムの乱れや花粉、空気中の微粒子、紫外線、異常気象など、敏感肌ケアに関する関心が高まってきている。当社の調査では、99%の女性が“ときどき敏感肌”を実感しており、これに呼応するように敏感肌市場は継続して伸長している」と、敏感肌に悩む女性は多く、悩みを改善する製品へのニーズは年々高まっているのだと指摘する。「また、敏感肌女性のインサイトの変化も見られ、これまでの調和や安心、やさしさに加えて、前向き、楽しむ、自分らしさといった点を製品に求めるようになってきた」と、敏感肌に対してポジティブに向き合う女性が増えてきているのだと分析する。

 


 「そこで、『dプログラム』では、“守る”と“育む”をベースに肌状態をベストな状態に導く製品をラインアップしている」と、ブランドコンセプトについて紹介。「代表製品『アレルバリア エッセンス BB』は、シリーズ累計200万本を突破。花粉やちりなどの微粒子汚れから肌を守る日中用保護美容液・化粧下地となっている」と、同品でバリアも、キレイも叶えるのだと訴える。

 「スキンケアシリーズは、肌状態に合わせて選べる5タイプを用意。それぞれの肌トラブルに合わせた有効成分を配合した薬用化粧水・乳液となっている」と、製品特徴について教えてくれた。

 「今回、『dブランド』が持つクリーンで前向きなイメージを体現し、ライフステージの変化が大きいターゲットが自分自身を投影できる存在として、20代を代表する女優である広瀬すずさんを新ミューズに起用する」と、新たに広瀬すずさんをミューズに迎えることで、敏感肌を意識し始める20代女性にアプローチしていきたい考えを示した。

 そして、新CM「花粉の季節にアレルバリア」篇と「ときどき敏感肌から、なりたい肌へ。」篇を紹介後、新ミューズに就任した広瀬すずさんが登場。「『dプログラム』をずっと使い続けてきたので、新ミューズに選ばれてうれしい。自分で実感したことを発信できたらと思う」と、新ミューズにかける想いについて語ってくれた。では、広瀬さんが「dプログラム」を使うようになったのはいつ頃なのだろうか。「学生時代に、内面的なことでも肌が荒れると聞いていたので、気を付けてはいたのだが、3年ほど前に肌が荒れてしまったのを機に、肌を改善したいと考え、すがる思いで使用したのが『dプログラム』だった」と、敏感肌に悩んでいた時に出会ったのが「dプログラム」だったのだという。「肌荒れがひどかったときは、皮膚科も受診したのだが、しっかり寝て、休むなど生活習慣の改善が近道であるといわれていた。そこで、生活習慣の改善も行いつつ、『dプログラム』も使用したら、肌が一気に改善へと向かった」と、広瀬さんにとって「dプログラム」は救世主的な存在だったのだと語る。「それから今日まで、毎日使い続けているので、製品の肌への吸収も良くなり、周りからも肌を褒められるようになった」と、広瀬さんにとって「dプログラム」は手放せない存在になったのだという。「朝昼晩を問わず使うようにしている。容器もカワイイので持ち運びしやすい」と、仕事でも自宅でも、どこでも使えるようにしていると話していた。

 これまでスキンケアシリーズを愛用していた広瀬さんは、新ミューズ就任を機に「アレルバリア エッセンス BB」も使用しているとのこと。「花粉や目に見えない埃などから肌を守ってくれるので、屋内外を問わず使用するようにしている」と、肌を守るために愛用していると教えてくれた。最後に広瀬さんは、「『dプログラム』に出会って、肌について自信が持てるようになった。肌に自信が持てると、キレイな洋服も上手く着こなせるようになると思っているので、これからもしっかり肌ケアをしていきたい」と、「dプログラム」で洋服よりも肌に目が行く美肌を目指していきたいと語っていた。

[小売価格]
アレルバリア エッセンス BB:各3000円
バランスケア ローション W I・II:3500円
バランスケア エマルジョン R II:3800円
アクネケア ローション W:3500円
アクネケア エマルジョン R:3800円
モイストケア ローション W:3500円
モイストケア エマルジョン R:3800円
バイタルアクト ローション W I・II:4500円
バイタルアクト エマルジョン R:4800円
ホワイトニングクリア ローション:4000円
ホワイトニングクリア エマルジョン:4300円
アレルバリア ミスト:1500円
アレルバリア エッセンス:3000円
(すべて税別)
[発売中]

資生堂=https://www.shiseido.co.jp/


このページの先頭へ