美容・化粧品

カネボウ化粧品、「SENSAI」から機器を用いて極細繊維を直接肌に吐出し肌上に積層型の極薄膜をつくる「Fine Fiber Technology」応用第一弾商品を発売

2019.11.01 19:08 更新

 カネボウ化粧品は、スーパープレステージブランド「SENSAI」から、「バイオミメシス ヴェール」(3品目/美容液、高性能小型機器、化粧液)を発売する。同商品は、機器を用いて極細繊維を直接肌に吐出し、肌上に積層型の極薄膜をつくる花王グループの技術「Fine Fiber Technology(ファインファイバーテクノロジー)」の応用第一弾となる。高性能小型機器によりつくられる極薄膜と美容液を組み合わせた、新たなナイトケアを提案する。

 12月4日に日本で先行発売し、来年2月から欧州を中心とする海外で順次発売。小石丸シルクを想起させる一本の糸(ヴェールディフューザーから出る糸状の化粧液のこと)がつくり出す極薄ヴェールで肌を覆い、就寝中の肌の湿潤環境を整え続けるといった、新たなスキンケアメソッドを“META-SKINCARE SCIENCE(メタ-スキンケ アサイエンス)”と表現し、世界に向けて発信していく。

 SENSAIは、カネボウ化粧品が欧州を中心に40ヵ国以上で展開しているスーパープレステージブランドとのこと。花王グループの化粧品事業を象徴するフラッグシップブランドとして、今年9月には日本での販売を開始。来年には中国への導入も予定している。

 今回SENSAIから発売するのは、「THE SENSE AND SCIENCE OF JAPAN」のブランドコンセプトを体現する商品とのこと。花王グループの最先端技術「ファインファイバーテクノロジー」を応用したスキンケアメソッドを“META-SKINCARE SCIENCE(メタ-スキンケ アサイエンス)”として世界に向けて発信。SENSAIが欧州に根づかせた“ダブル洗顔ダブル保湿”の美容習慣同様に、広く浸透させていく。これによって、日本の感性と科学を融合させたブランドとしてのイメージを明確に打ち出し、市場でのSENSAIの存在感と価値向上を図る勧化。

[小売価格]
美容液:1万2000円
高性能小型機器:5万円
化粧液:8000円
(すべて税別)
[発売日]12月4日(水)

カネボウ化粧品=https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/


このページの先頭へ