美容・化粧品

富士フイルム、美白乳液「アスタリフト ホワイト エマルジョン」(医薬部外品)を発売

2019.11.26 17:37 更新

 富士フイルムは、シミや肌のくすみ(乾燥によって肌の印象が暗く見えること)などの肌悩みを持つ女性に向けた美白スキンケアシリーズ「ASTALIFT WHITE(アスタリフト ホワイト)」の新たなラインアップとして美白乳液「アスタリフト ホワイト エマルジョン」(医薬部外品)を来年3月1日から発売する。同製品は、美白有効成分「アルブチン」に加え、独自の複合成分「ナノAMA+(ナノエーエムエープラス)」(うるおい成分。ナノAMA(うるおい成分、ツボクサエキス)と、フェルラ酸(うるおい成分)からなる独自複合成分。ナノAMAは、せり科のハーブ植物「センテラアジアチカ」に含まれ、優れたうるおい効果を持つ3つの成分「アジア酸」、「マデカッソ酸」、「アジアチコシド」を含む複合成分)を配合。肌のくすみをケアし、透明感と輝きに満ちた肌へと導く。

 肌が暗く見える原因となるシミやくすみは、幅広い年代の女性が抱える肌悩みのひとつとなっている。多くの女性が、「肌の透明感がない」と感じる原因としてシミとくすみを挙げており、その対策は重要とのこと。同社は、シミやくすみなどの肌悩みを抱える女性に向けた高機能な美白スキンケアシリーズとして、独自のナノテクノロジーを活かし、ナノ分散した美容成分と美白有効成分を配合した「アスタリフト ホワイト」シリーズを展開してきた。

 今回、美白アイテムユーザーを対象とした自社調査結果から、手入れの最後に使用する保湿アイテムの中では、クリームよりも乳液の使用率が高く、特に若年層の人は乳液を好むことがわかった。そこで同社は、みずみずしい付け心地と高い保湿力の美白乳液「アスタリフト ホワイト エマルジョン」(医薬部外品)を発売し、「アスタリフト ホワイト」のトータル美白ケアに商品の選択肢を増やすことによって、より幅広い年代の消費者の肌悩みに応えるとしている。

 今回発売する「アスタリフト ホワイト エマルジョン」(医薬部外品)は、透明感のある、輝きに満ちた肌へと導く美白有効成分「アルブチン」に加え、独自の複合成分「ナノAMA+」を配合した美白乳液とのこと。「ナノAMA+」は、シリーズ共通の美容成分「ナノAMA」(ツボクサエキス(うるおい成分))と、米ぬか由来のポリフェノール「フェルラ酸」(うるおい成分。米や小麦などの穀物に多く含まれ、優れた保湿力を有するポリフェノールの一種)からなる成分で、肌にしっかりとうるおいを与える。さらに、ポリフェノールを多く含み、優れた美容パワーを持つ「メマツヨイグサ種子エキス」(メマツヨイグサ抽出液(うるおい成分))や、独自技術でナノ分散した「ナノアスタキサンチン」(うるおい成分)、「3種のコラーゲン」(うるおい成分。アセチルヒドロキシプロリンを含む)、「ヒアルロン酸」(うるおい成分)などの美容成分を豊富に配合し、肌に弾むようなハリを与える。

 また、みずみずしく軽やかな付け心地と、高い保湿力をともに実現し、なめらかでしっとりした肌へと導く。

 トータル美白ケアの最後のステップとして、同製品もしくは従来から提供している、軽やかでのびの良いテクスチャーの「アスタリフト ホワイト クリーム」のいずれかを、使用感の好みで選べるとのこと。どちらもうるおいのヴェールが、美容成分をしっかりと閉じ込めて、肌を保湿する。シリーズ共通のダマスクローズの香りで心地良いスキンケアを楽しめるという。

 同製品は、アスタリフトの他のポンプタイプ製品と同様に、衛生的に簡単に交換できるカートリッジタイプのレフィルを採用。使いやすさにもこだわると同時に、容器に使用するプラスチック量の削減やCO2排出量の削減にも貢献している。

 富士フイルムは、これまでに培ったコアテクノロジーを駆使することで、今後もより多くのニーズを捉えた独自性の高い商品を提供して人々の美容と健康に貢献していくとしている。

[小売価格]
100mL 本品:4200円
レフィル:3800円
(すべて税別)
[発売日]2020年3月1日(日)

富士フイルム=https://fujifilm.jp/


このページの先頭へ