美容・化粧品

資生堂、主要ブランドが一挙に揃った製品体験会を実施、「dプログラム」「アクアレーベル」「HAKU」「エリクシール」「マジョリカマジョルカ」の秋冬向け新商品を紹介

2019.11.18 18:26 更新

 資生堂は、同社が展開する主要ブランドを一挙に揃え、今年の秋冬向け商品とその活用法などを紹介する新製品発表会・体験会を開催した。今回は、体験会で展示された「dプログラム」、「アクアレーベル」、「HAKU」、「エリクシール」、「マジョリカマジョルカ」の各ブランドの新商品およびディズニー映画最新作「アナと雪の女王2」とのコラボ展開を紹介する。

 敏感にゆらぎやすい肌を守りながら美肌へ育むスキンケア・メイクアップ総合ブランド「dプログラム」では、秋冬向け新商品として、「寒暖差」が肌あれや乾燥の一因になることに着目した敏感肌用保湿美容液「dプログラム カンダンバリア エッセンス」(全2品目2品種)を展開している。日本では、外気の「寒暖差」が年々大きくなっているが、資生堂の近年の研究で、「寒暖差」が肌に直接悪影響を与え、うるおい産生機能を阻害してしまうことがわかってきたという。「dプログラム カンダンバリア エッセンス」は、この「寒暖差」に着目し、暑いときも、寒いときも、うるおいバランスを整え、なめらかな素肌に導く敏感肌用の保湿美容液とのこと。洗顔後すぐに使用する軽やかでみずみずしい感触の美容液で、化粧水がより届く肌へ整えてくれるという。デリケート肌でも使える厳選成分を使用した低刺激設計となっている。

 セルフスキンケアブランド「アクアレーベル」では今回、女性の肌悩みの上位に「シミ・ハリのなさ・乾燥」があげられていること、そして年齢とともに肌悩みが増えて複合化することに着目。一方、使用するスキンケアアイテムは増えていないことを捉えたという。そこで、年齢とともに増える肌悩みを、いつもの手入れでまるごとケアできる高機能化粧水・乳液・クリームの新商品(全21品目21品)を秋冬向けに展開している。

 女性の3大肌悩み「シミ予防・ハリ・乾燥」に加え、3つのラインアップ(美白ケア/エイジングケア/保湿・肌あれケア)を用意。資生堂独自の分析技術から発見された希少な成分であるD-アミノ酸(D-グルタミン酸)を含む、ハリと透明感のための美肌必須成分「チャージアミノ酸WH」と美白有効成分・肌あれ防止有効成分m-トラネキサム酸を化粧水・乳液・クリームの全品に配合。うるおって、クリアで弾む肌に導くとのこと。

 「HAKU」は、資生堂を代表する美白ブランド。この秋冬向けには、乾燥くすみに対応した美容液「HAKU ボタニック サイエンス」を新発売している。「HAKU ボタニック サイエンス」は、資生堂の100年を超える肌研究と、先端技術を搭載して生まれた透明感対策美容液とのこと。

 シミ悩みに比べて、30代までの早い世代から意識される乾燥くすみに対応し、透明感と肌全体の印象に着目。乾燥によってくすんでみえる状態の肌に、先端科学と植物の力「厳選成分 ボタニカル カクテル(保湿)」を届け、うるおって明るく澄みわたる肌へ導くという。みずみずしい感触で、角層深くまでじっくり浸透。1回の使用量を、ていねいに押し出せる細口のスポイトを採用している。

 「エリクシール」は、1983年に肌とコラーゲンの関係に着目して誕生した高機能エイジングケアブランド。同ブランドでは、すこやかに満たされている美しい肌のしるしとして、頬の高い位置に光る、みずみずしいつやを「つや玉」と称し、内側から輝くような「つや玉」ある肌を目指している。

 今回、秋冬向けの新商品として、「エリクシール シュペリエル つや玉ミスト」を11月21日にリリースする。「エリクシール シュペリエル つや玉ミスト」は、きめ細かいミストが、メイクの上からも素肌に届いて、たっぷりのうるおいとなめらかで均一なハリを与え、瞬時に「つや玉」が輝く肌へと導く。美容水層と美容オイル層が混ざり合い、メイクを崩さず肌のすみずみまでうるおいで満たすとのこと。明るくリフレッシュした気分を演出する、みずみずしいフローラルの香りとなっている。

 「かわいい」の扉をひらくセルフメイクアップブランド「マジョリカ マジョルカ」は、朝用の塗るマスク「マジョリカ マジョルカ ミルキースキンマスク」に新色を加えて11月21日から発売する。「マジョリカ マジョルカ ミルキースキンマスク」は、かわいくなる仕上がりをより素早く手に入れたいという時短への関心が高いことを捉えて、2018年8月にリリース。朝の洗顔後に、1品で素肌ケア+トーンアップまで完了する商品としてSNSを中心に話題を集めたという。

 今回、ピンクベース効果で黄ぐすみをカバーするブルーベース寄りのカラー(PU:ピンクラベンダー)を新たに追加し、既存のグリーンベース効果でニキビあとや赤味をふんわりカバーするイエローベース寄りのカラー(GR:ミントグリーン)と合わせ、より自分の肌にあった仕上がりを叶えていくとのこと。なお、同品とあわせて、香りで選べるボディ&ヘアジェリー「ジェリーロマンティカ」も数量限定で発売する。

 そして、資生堂初の5ブランドタイアップ(スノービューティー、dプログラム、専科、インテグレート、マキアージュ)として、ウォルト・ディズニー・ジャパンが11月22日に公開する最新作「アナと雪の女王2」の限定デザイン商品(全20品目、25品種)を数量限定で展開中だ。「アナと雪の女王2」は、ありのままに生きようとするアナとエルサの姿に多くの女性たちから支持を得た「アナと雪の女王」の続編となる映画。資生堂は、この映画のアナとエルサのように、個性の違いを認め合い、共に輝く女性たちを応援するメッセージ“BeDifferent, BeTogether”のもと、同作品とのタイアップを実施するとのこと。映画に登場するアナとエルサを描いた限定パッケージ商品や、二人にインスパイアされた限定カラーを発売し、スキンケアやメイク化粧品を通じて、個性を大切に自分らしく輝くことを応援していく考え。

資生堂=https://www.shiseidogroup.jp/


このページの先頭へ