美容・化粧品

DeNAライフサイエンス、コーセーと共同開発のヘルスケアビューティーアプリ「Skin Diary」を提供開始

2019.11.26 17:21 更新

 ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)の子会社であるDeNAライフサイエンスと、コーセーは、共同で開発したヘルスケアビューティーアプリ「Skin Diary」(iOS/Android向け)の提供を開始した。

 コーセーでは、21世紀型のブランド・コミュニケーション戦略であるデジタルプラットフォーム構想を推進している。その一環として、消費者一人ひとりが毎日変わる肌に向き合い、健やかな美容生活を送ってもらうため、日常的にお使いいただくツールとしてDeNAと共同開発したのが「Skin Diary」だという。

 国内の化粧品大手メーカーとして70年以上の歴史があり、100万人を超える会員基盤を抱え、消費者の「美」に関するあらゆる知見のあるコーセーと、「人々を楽しく健康に。健康寿命の延伸」をミッションに掲げ、主に病気や健康リスクの軽減に寄与するサービスに取り組んできたDeNAが手を携え、消費者が健康で美しくあり続けるための新たな価値を創出する。

 DeNAのヘルスケアサービスには、ゲームやスポーツの事業で培った、消費者に有益な情報やサービスを提供することで、飽きずに楽しく使い続けてもらうための独自のノウハウ「エンゲージメントサイエンス」が随所で活用されている。例えば、歩くだけでポイントがたまり、楽しく継続できるウォーキングアプリ「歩いておトク」では、健康に対する意識のレベルに関わらず毎日の行動が変わるきっかけを提供し好評を得ているとのこと。

 「Skin Diary」においても「エンゲージメントサイエンス」が活かされており、DeNAが目指すミッションの実現に向けてアプローチしていくとしている。

 「Skin Diary」は、美容を通じて消費者それぞれに合った健康的な生活を見つけ出してもらうためのヘルスケアビューティーアプリとなっている。毎日の肌状態を、睡眠や気分といった外的要素と組み合わせて記録することで、自分の肌の本当の性質や隠された傾向を精緻に知ることができるため、美容におけるより最適な選択に繋げてもらえる。スキンケアアイテム選びはもちろんのこと、日常の過ごし方も含めて、消費者がより良い美容生活を送る指針となるとのこと。また、健康と美への取り組みには続性が重要だが、毎日の自分を記録するだけでお得に楽しめる仕組みも備えていることから習慣化でき、長く使うほど消費者に価値を感じもらえるアプリとなっている。

 「Skin Diary」の名称の通り、毎日の肌を日記のように記録できるとのこと。毎日の顔写真の撮影とともに、肌の状態、その日の気分、睡眠の質の3つの情報を楽しみながらスコア化して記録できるという。使用しているスキンケアアイテムや生理の情報も記録することで、肌を多角的に分析できるとのこと。過去のスキンダイアリーを見直すことで、その時の自分の状態に対し使用したスキンケアアイテムとの相性や効果を客観的に確認できるという。1日に1回アプリを開くだけで、また肌状態を記録するだけで、コーセーが展開するオウンドメディア「Maison KOSE」内でのポイントが貯まり、コーセーのサービス交換に当てられるため、楽しく習慣化しやすいという。

 将来的には、消費者によって記録・蓄積された美容データをコーセーの店頭とも連携し、最適な美容アイテムを効率的に提案する仕組みも検討しているとのこと。これによって、これまで店舗や美容ブランドごとに分断されていた消費者の美容データが共通のデータとして統合されるため、消費者ごとにパーソナライズされた美容体験の提供が可能となる。美容は生涯続くものであり、年齢だけでなくその時の環境や生活状態によっても変化するとのこと。自分の肌状態をよく知って、その都度からベストな選択をしてもらうための伴走型のヘルスケアビューティーアプリが「Skin Diary」なのだという。

[「Skin Diary」の詳細]
アプリ名:Skin Diary (スキンダイアリー)
配信開始日:11月25日(月)
配信形式:スマートフォン(iPhone、Android 端末)向けアプリ
利用料:アプリのダウンロード料、会員登録は無料
対応 OS:iOS12.0 以上、Android5.0以上 ※一部非対応の端末がある
配信地域/対応言語:日本/日本語

DeNAライフサイエンス=https://dena-ls.co.jp/
コーセー=https://maison.kose.co.jp/


このページの先頭へ