美容・化粧品

資生堂、「d プログラム」から肌負担が気になる人のための「薬用美容洗浄シリーズ」を発売

2019.11.20 11:39 更新

 資生堂は、敏感にゆらぎやすい肌を守りながら美肌へ育むスキンケア・メイクアップ総合ブランド「d プログラム」から、敏感肌に重要な洗浄アイテム(全4品目4品種)を、肌あれケアまでできる「薬用美容洗浄」シリーズとしてリニューアルし、来年1月21日から発売する(発売元:資生堂インターナショナル)。

 新製品は、新配置の1本でメイク落とし・洗顔・保湿ケアができる「薬用クレンジングウォーター」のほか、ウォータリーオイルでこすらず落とすメイク落とし「薬用クレンジングオイル」と、クッション泡でやさしく落とす洗顔料「薬用クレンジングフォーム」とのこと。

 肌あれ予防(薬用有効成分配合)グリチルリチン酸ジカリウムorグリチルレチン酸ステアリルを配合。美容成分(H-スタビライジング B)(キシリトール、エリスリトール、グリセリン/保湿)と美容オイル(ホホバオイル/エモリエント)を配合する。肌に必要なうるおいを守る。デリケート肌でも使える厳選成分を使用した低刺激設計となっている。

 敏感肌意識を持つ女性を対象にした調査(インターネット調査 2018年9月 敏感肌意識あり N=120)では、8割以上の人がメイク落としや洗顔料など、何品も使うことによる肌負担を心配している。また、敏感肌のファンデーションユーザーの約8割の人が、「ファンデーションは帰宅後にすぐに落としたい」と回答し、日々の洗浄行為は省くことのできないステップであると認識している一方、「洗顔後」が1日の中で肌が最も敏感になると感じている。

 そんな洗浄行為に不安をもつ敏感肌の人は、「低刺激設計でやさしく洗える」ことに加え、「肌あれケアできる美容洗浄」に魅力を感じていることが調査結果(インターネット調査 2018年11月 敏感肌意識あり N=100)からわかった。そこでd プログラムでは、洗浄行為に対し肌負担が気になる人のための、肌あれケアまでできる「薬用美容洗浄シリーズ」を発売する。

 販売チャネルは、ドラッグストア・GMS・化粧品専門店など約1万店のほか、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」でも販売する。

[小売価格]550円~2750円(税込)
[発売日]2020年1月21日(火)

資生堂=https://www.shiseido.co.jp/


このページの先頭へ