美容・化粧品

ナリス化粧品、美容液状日焼け止め「パラソーラ ネオイルミスキン UVエッセンス」2種類を発売

2019.11.22 17:31 更新

 ナリス化粧品は、「紫外線カット+α(プラスアルファ)」のかわいい付加価値を提供する日焼け止めブランド「パラソーラ」から、美容液状日焼け止め「パラソーラ ネオイルミスキン UVエッセンス」2種類を全国のドラッグストア(一部地域を除く)で、来年2月7日から発売する。今夏、日焼け止めに求められる機能として肌色を補正するトーンアップ機能が一般的に定着したが、肌色補正の日焼け止めの先駆けであるパラソーラは、肌色補正(補正効果はメーク機能によるもの)に加え、毛穴補正(補正効果はメーク機能によるもの)やべたつき補正機能を加えることで、一歩先行く日焼け止めのニーズに応え、さらに女の子の「なりたい」を実現する。

 1993年のブランドデビュー当時から、一貫して「女の子のなりたい」を応援、プラスアルファの付加価値を提案してきたパラソーラ。肌色補正機能を持たせた日焼け止めは、業界に先駆け、2005年から発売している。既存品の肌色補正の日焼け止め「パラソーラ イルミスキン UVエッセンス」は、今夏、一昨年と比較し、240%の売り上げを記録したことからも、肌色補正のニーズは増えていることがわかる。

 新製品の「パラソーラ ネオイルミスキン UVエッセンス」は肌色補正から一歩進んだトリプル補正。肌色補正だけでなく、毛穴補正機能とべたつき補正機能を追加した、まさに次世代の日焼け止めとのこと。

 新製品の2品は、ラベンダーカラーに加え、ピンクカラーを投入した。ラベンダーカラーは透明感を、ピンクカラーは血色感を演出でき、より、女の子の「なりたい肌」を実現。また、顔、体に使えるため、部位やシーンによって使い分けすることも可能となっている。

 パラソーラは、日焼け止めを「使わなければならない」ものから「使いたくなる」ものに変えたいと考えているとのこと。UVカットすることや、肌色補正、毛穴補正、べたつき補正などの外観を整えることだけでなく、「美容液でスキンケアしながら日焼け止めできる」という価値を提供。塗るだけで、肌ケアできる日焼け止めをめざし、10種の美容成分(保湿成分)を配合。外観だけでなく、触れたときにもふんわりと柔らかな素肌を目指すとしている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]2020年2月7日(金)

ナリス化粧品=https://www.naris.co.jp/


このページの先頭へ