美容・化粧品

カネボウ化粧品、「KATE」からカラーコントロール下地「スキンカラーコントロールベース」など4品目10品種を発売

2019.10.15 16:28 更新

 カネボウ化粧品は、11月1日に、グローバルメイクブランド「KATE(ケイト)」から、化粧下地としてだけでなく、ファンデーションの上から使って、肌印象を自在に盛れる“上地(うわじ)づかい”もできるカラーコントロール下地「ケイト スキンカラーコントロールベース」をはじめとする、新商品・新色を発売する(4品目10品種)。

 「KATE」は、1997年のブランド誕生以来、トレンドメイクを簡単に実現できる斬新なアイテムを発売し、10~20代のメイクに関心の高い女性から、多くの支持を得てきた。今年秋には、質感の異なる2種をセットしたアイシャドウ「クラッシュダイヤモンドアイズ」を発売し、キラめく透明感をもたらす目もとメイクの提案を行い、好評を得ているという。

 この冬、「KATE」は、肌を美しくつくりこむための必須アイテムとなっている「化粧下地」に着目。下地としてシミやくすみ等の肌悩みをカバーするだけでなく、「KATE」ならではの斬新な発想のもと、ポイントメイクのように肌印象まで盛れる新しいアイテム“上地づかいできる下地”を発売し、2017年から強化しているベースメイクカテゴリーを継続育成していく考え。

 「ケイト スキンカラーコントロールベース」は、下地としての機能に加え、ファンデーションの上からも自在に盛れる上地機能を搭載した、カラーコントロール下地とのこと。下地としてシミやくすみ等の肌悩みをカバーできることはもちろん、仕上げたファンデーションの上に、上地づかいしてなじませるだけで、仕上がりのニュアンスをプラスし、より美しく映える肌印象に仕上げる。

 さらに、眉メイクの前に使うアイブロウ下地「ケイト ブロウラスティングベース」を新発売し、アイブロウに「下地を塗る」という新しい価値を提案する。密着力にすぐれたクリームが、肌にのばすとパウダーに変化。さらに、グラデーションをつけた立体的な眉とノーズシャドウで、ホリが深い印象の眉に仕上げるアイブロウ「ケイト デザイニングアイブロウ3D」に、この秋トレンドの限定カラーを加え、アイブロウメイクの提案を拡げていく考え。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]11月1日(金)

カネボウ化粧品=https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/


このページの先頭へ