美容・化粧品

バスクリン、通信販売限定の薬用育毛剤「髪殿」をリニューアル発売

2019.09.24 19:50 更新

 バスクリンは、男性特有の脱毛メカニズムに着目した有効成分生薬100%の男性向け薬用育毛剤「髪殿(はつとの)」を、有効成分ショウキョウチンキに含まれる「ショーガオール」の浸透を向上させ(従来品比(2019年同社調べ))、通信販売限定で10月1日にリニューアル発売する。また、環境配慮の観点から容器全体のプラスチック量を従来から約35%削減した「つけかえ用」も新発売する。

 バスクリンでは、創業以来培ってきた生薬・和漢植物の知見を生かし、男性に多く見られる脱毛メカニズムに着目した有効成分生薬100%の薬用育毛剤「髪殿」を2014年に発売し、現在まで10万人(同社調べ)の人に使用されているという。今回、好評につき、製剤性能と容器の使いやすさをさらに追求し、10月1日にリニューアル発売する。

 リニューアルでは、「フィトエマルション」処方(合成界面活性剤や精製した油成分を使わずに、植物抽出物の特性を利用して作られたマイクロエマルション)で生薬有効成分ショウキョウチンキ中の活性成分「ショーガオール」の浸透力をアップした。また、容器の使いやすさも改良。消費者の声に応え、「最後まで使える」「押しやすい」「光に透かすと残量が見える」「握りやすい」容器を実現したという。

 同品は、男性に多く見られる脱毛メカニズム“脱毛 因子”に着目した育毛剤とのこと。同社オリジナルの和漢植物エキス(桑根皮(ソウコンピ)エキス、牡丹エキス (保湿成分))を配合。含有量の多い生薬エキスを独自に開発した(産地・使用部位・抽出方法にまでこだわった)。有効成分生薬100%。生薬有効成分(ショウキョウチンキ、センブリエキス(晩生)、ニンジンエキス(細根付き))の相乗作用で血行を促進し、発毛促進、育毛を促すという。「フィトエマルション」処方で生薬有効成分ショウキョウチンキ中の活性成分「ショーガオール」の浸透力をアップした。高濃度フラボノイド含有の桑根皮エキス(保湿成分)を配合。消費者の声に応え、「最後まで使える」「押しやすい」「光に透かすと残量が見える」「握りやすい」容器べたつかず、さらっとした使い心地とのこと。香料、着色料、防腐剤は不使用となっている。

[小売価格]
通常:827円
定期:7109円
(すべて税込)
[発売日]10月1日(火)

バスクリン=https://www.bathclin.co.jp/


このページの先頭へ