美容・化粧品

ウテナ、大容量化粧水「マジアボタニカ スキンコンディショナー」をリニューアル発売

2019.08.19 18:22 更新

 ウテナは、10月中旬から、植物のうるおいをたっぷり補給して乾燥・肌あれを防ぐ大容量化粧水「マジアボタニカ スキンコンディショナー」をリニューアルする。

 「マジアボタニカ スキンコンディショナー」は、ハトムギエキスと6種のハーブエキス(保湿成分)配合の大容量化粧水とのこと。今回、乾燥・肌あれに悩むお客様に寄り添うブランドとして、処方およびデザインをリニューアルする。

 新処方は、医薬部外品の有効成分にもなっている「グリチルリチン酸2K」(保湿成分)を新たに配合。肌あれやニキビに悩むお客様へ向けて「ノンコメドジェニックテスト」を実施し、ニキビのもとになりにくい処方(すべての人にニキビのもと(コメド)ができないというわけではない)を採用した。また、パッケージも「植物のやさしさ・薬効感」がより伝わるデザインへ変更した。

 20代女性の肌不調意識は高く、85%が過去半年間に肌あれを感じているという。「マジアボタニカ スキンコンディショナー」は、肌あれ悩みを抱える消費者に、肌あれや乾燥、ベタつきの対策ができる点が特に魅力的であると評価を得ているという。

 今回のリニューアルでは、消費者からの評価が高い「乾燥・肌あれ対策」の強化として、医薬部外品の有効成分にもなっている「グリチルリチン酸2K」(保湿成分)を新配合した。また、「ノンコメドジェニックテスト」を実施し、ニキビのもとになりにくい処方を採用した。 また、ハーブは肌をみずみずしくうるおして、乾燥・肌あれを防ぐ効果が期待できるという。さらに、やさしいハーブの香りで心安らぐスキンケアタイムを提供する。

[小売価格]810円(税込)
[発売日]10月中旬

ウテナ=https://www.utena.co.jp/


このページの先頭へ