美容・化粧品

ニベア花王、贅沢保湿の「アトリックス プレミアムハンドクリーム」を発売

2019.07.26 10:15 更新

 ニベア花王は、8月31日から、17年連続売上No.1ハンドクリームブランド(インテージSRIハンドクリーム市場(新指定医薬部外品含む) 2002年1月~2018年12月 アトリックスブランド(売上金額))「アトリックス」から、「アトリックス プレミアムハンドクリーム」を発売する。年齢を重ねた手肌のために、メーキャップ効果で小じわを目立たなくするだけでなく、贅沢保湿のプレミアムハンドクリームを提案する。

 女性のハンドクリームの使用率は、約9割と高い数値となっており、特に50代、60代で高い傾向にあるという(2017年花王調べ)。40代から60代の女性を対象とした手肌の悩み調査によると、50代以降で年齢による手肌の悩みを抱えている人が多くなっており、もっとも気になる手肌悩みとして、しわ(40%)、ハリのなさ(26%)、しみ(21%)が挙げられている(2017年ニベア花王調べ)。

 「アトリックス」は、さまざまな手肌悩みに着目して商品をラインナップし続け、現在、15アイテムをそろえるハンドケア専門ブランドとのこと。今回、保湿ケアに加えて、年齢によって生じる手肌の悩みであるしわ・シミにメーキャップ効果でアプローチすることで目立たなくする「アトリックス プレミアムハンドクリーム」を新発売し、ブランドトータルでのご提案をさらに広げていくという。

 「アトリックス プレミアムハンドクリーム」は、サクラモイスチャーα(ソメイヨシノ葉エキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、グリセリン)(保湿成分)を配合し、角層内部までうるおって手肌にハリ・つやを与えるとのこと。また、桜色のクリームに配合された光拡散パウダーによるメーキャップ効果で小じわを目立たなくし、くすみを補正して明るい手肌に整える。

 消費者の“ありたい手肌”も時代の変化とともに多岐にわたっている。「アトリックス」は、これからもさまざまな手肌と向き合い、消費者のより細やかな要望に応え、うるおいのある毎日を届けできるよう進化し続けていくとしている。

 同品は、贅沢保湿のプレミアムハンドケア。小じわ目立たせず明るい手肌に(光拡散パウダーによるメーキャップ効果)導くという。保湿成分サクラモイスチャーα(ソメイヨシノ葉エキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、グリセリン)を配合。保湿成分コエンザイムQ10(ユビキノン)も配合する。角層内部までうるおって、ハリ・つやを与えるとのこと。桜色のクリームが小じわを目立たせず、くすみを補正して明るい手肌に整える(光拡散パウダーによるメーキャップ効果)。UVカット成分配合で日やけによるシミ・ソバカスを防ぐという(SPF20 PA+)。無香料となっている。

[小売価格]設定なし
[発売日]8月31日(土)

ニベア花王=https://www.nivea-kao.jp/


このページの先頭へ