美容・化粧品

ポーラ・オルビスHD、シワ改善効果のあるナイアシンアミド配合の薬用化粧品を発売

2019.07.31 11:14 更新

 ポーラ・オルビスホールディングスは、グループ会社のオルビスと、DECENCIA(ディセンシア)から、シワ改善効果のあるナイアシンアミドを配合した薬用化粧品を今年秋に発売する。

 シワ改善領域のパイオニアであるポーラ化成工業の技術力を活かした独自処方によって、各社のターゲットにあわせたシワ改善美容液が誕生した。グループ全体でシワ改善市場でのプレゼンスを高め、さらなる市場活性化を目指すという。

 シワ改善機能を有する薬用化粧品市場は、ポーラの「リンクルショット メディカル セラム」(以下、リンクルショット)が日本初の承認を獲得し発売したことを皮切りに、相次いでシワ改善美容液が登場し、活況を呈しているとのこと。特に、リンクルショットはポーラ化成工業の技術力を結集し、市場で初めてシワ改善に特化した成分「ニールワン(名称の由来:Neutrophil(好中球)、Elastase(エラスターゼ)、Inhibitor(阻害剤)、License(ライセンス)、1(第1号)成分名:三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na)」を独自に開発・配合することに成功した商品で、2017年1月の発売以来、累計約184万個、約245億円の売上(2017年1月1日~2019年3月31日(ポ―ラ調べ))を記録し、存在感を放っている。また、シワ改善機能品を含む2018年アンチエイジング化粧品市場は前年比107.6%の7985億円見込み(機能性化粧品マーケティング要覧 2018-2019(富士経済))と年々拡大しており、今後も成長が期待できるという。ポーラ・オルビスグループは、シワに悩む多くの人へ、ポーラ化成工業の技術力と、各ブランドの販売網やマーケティング力を活かし、各々のターゲットに適した商品を提案することで、シワ改善市場全体の活性化を目指す考え。

 「オルビス リンクルホワイトエッセンス」は、Wナイアシン(ナイアシンアミド)によって、「シワ改善」と「美白(メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ)」へのWの効果を実現した全顔用シワ改善美容液。悩みを抱える多くの人に届けるため、確かな効果と続けやすさに徹底的にこだわり抜いた処方設計となっている。

 「ディセンシア アヤナス リンクル O/L コンセントレート」は、D-リンクルアミド(ナイアシンアミド)を配合し、敏感肌特有の「面ジワ(肌表面に起こりやすい、浅く広くできるシワのこと)」・「線ジワ(真皮起因の、深くくっきりと刻まれたシワのこと)」の2種のシワを改善する敏感肌用薬用オイル状美容液となっている。敏感肌の人のために、顔全体へ伸ばしやすいオイルリキッド剤型を採用した。

[小売価格]
オルビス リンクルホワイトエッセンス 30g:4500円
ディセンシア アヤナス リンクル O/L コンセントレート 30mL:6500円
[発売日]
オルビス リンクルホワイトエッセンス 30g:9月21日(土)
ディセンシア アヤナス リンクル O/L コンセントレート 30mL:10月1日(火)

ポーラ・オルビスホールディングス=https://www.po-holdings.co.jp/


このページの先頭へ