美容・化粧品

コーセーコスメポート、シートマスク「クリアターン」の「美肌職人」シリーズから大容量タイプを発売

2019.04.08 14:10 更新

 コーセーコスメポートは、シートマスクブランド「クリアターン」の「美肌職人」シリーズから30枚入りの大容量タイプ (2品目2品種)を、4月22日から全国のドラッグストアや量販店などで発売する。

 「美肌職人」は、2017年11月に発売した肌悩み別のシートマスクシリーズで、現在は当初の「はとむぎ」「日本酒」「黒真珠」に加え、昨年9月発売の「米ぬか」「はちみつ」、今年2月発売の「酒粕」の合計6種類をラインアップしている。どのシリーズも温泉水とアミノ酸GL(アミノ酸はグリシン、GLはグリセリン(保湿))(保湿)をベースに、自然由来の保湿成分を厳選して配合。ふっくらとした肌へと導く。シートには「手すき和紙製法技術(水質が良いと言われる高知県「仁淀川」の伏流水を使用して、繊維をやさしく織り込んだ製法)」を採用し、やわらかな肌当たりでピタリとフィットする。

 今回、シリーズの中でも特に人気のある「はとむぎ」と「日本酒」の2種類について、30枚入りで新設計の大容量タイプを追加発売する。容器から取り出すと同時にシートが広がる設計なので、「たたまれていたシートを広げてから顔にのせる」という面倒な作業をする必要がなく、毎日の手入れに気軽に使えるとのこと。

 コーセーコスメポートは、「もっと、親切なきれいを。」を理念に、日々の幸せと喜びをうみだす商品を届けるという。

 「クリアターン」は、1998年にシートマスクを発売。「独自のスキンケア技術」と「素材、フィット感にこだわったシート」の相性を大切にし、肌状態や悩みに合わせて全6ラインアップを展開する。海外ではタイ、台湾、香港をはじめとした、合計8つの国と地域で展開している(3月末時点)。シートマスクブランド売上において、13年間で累計第1位(インテージSRIシートパック(セルフ・薬系)市場2006年1月~2018年12月の累計販売金額(クリアターンブランド計))、マスク枚数換算で累計20億枚(2006年1月~2018年7月 累計出荷ベース/マスク枚数換算)を販売している。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]4月22日(月)

コーセーコスメポート=http://www.kosecosmeport.co.jp/


このページの先頭へ