美容・化粧品

富士フイルム「アスタリフト」、史上最恐に"Deep"なホラームービー「逃げきれない」篇を公開、肌の奥深くまで入り込む"Deep紫外線"を見えない恐怖として描く

2019.04.23 14:00 更新

 富士フイルムが展開するスキンケアブランド「アスタリフト」は、独自研究から生まれた特殊な撮影技術を利用して制作した史上最恐に“Deep”なホラームービー、WEB動画「逃げきれない」篇を、4月23日にYouTube上で公開した。

 このWEB動画は、富士フイルムが世界で初めて成功した“Deep紫外線(長波長UVA-I)”の可視化技術によって、見慣れた日常の風景が変化する様と、そこに潜む見えない恐怖から逃げ惑う女性の姿を描いたムービーとなっている。ナレーションには、怪談最恐位「怪凰」の称号を持つお笑い芸人・ありがとうぁみさんを起用。最新技術と怪談の名手のコラボレーションによって、これまでにないディープな世界観の作品が完成したとのこと。

 ムービーは、3人組のOLが信号待ちをしながら仕事の話をしているという何気ない日常の風景から始まる。信号が青に変わるとともに、彼女たちは横断歩道を渡り始めるが、日陰から日向に出た瞬間に風景は一変し、恐怖の瞬間が訪れる。その場に居合わせた主人公の女性は、何かに気づいて逃げ始める。日向を避けて、時にはアクロバティックなパルクール風アクションを繰り広げながら、街の中を走り続ける主人公。逃げる道すがら、他の女性達が次々と“何かの”犠牲になっていく。やがて、暗がりの行き止まりにたどり着く主人公。なんとか日向から逃げ切ったと思いきや、そこにも見えない“何か”が潜んでいた・・・。

 今回ムービーの中で、見えない恐怖として描いたのは、2014年に富士フイルムが世界ではじめて可視化に成功した“Deep紫外線”とのこと。Deep紫外線は、日焼けの原因となる紫外線の中でも最も波長が長く、UVカットガラスを透過して屋内や車内にも入り込む特性を持ち、人の肌の奥深くまで到達するのだとか。

 今回のムービーの制作にあたっては、この研究を元に開発された“Deep紫外線可視化カメラ”も活用。このカメラで撮影することで、日陰のように一見紫外線が届かなさそうな場所にもDeep紫外線が到達している事実と、その量が可視化でき、実際に撮影が行われた3月下旬でも、様々な場所でDeep紫外線が観測されたという。

 また、本編動画の公開とあわせて、怪談最恐位「怪凰」の称号を持つお笑い芸人・ありがとうぁみさんを語り手に起用した特別篇として“さらにDeepなホラーバージョン”を同時公開した。ぁみさんは、お笑い芸人として活躍するかたわら、怪談家としても活躍。稲川淳二さんが主催の怪談大会で優勝するなど、怪談最恐位「怪凰」の称号を持ち、群を抜いた怪談語りの上手さで高い評価を得ているとのこと。

 今回のムービーでは、「この紫外線からは逃げきれない」というキーメッセージのナレーションの他、ぁみさんがDeep紫外線になりきって語りかける副音声を全編にアフレコしてもらった。このぁみさんの語りの上手さを最大限に生かした特別篇では、よりディープな世界観に浸りながらDeep紫外線の恐怖を堪能できるとのこと。普段の怪談とはちょっと雰囲気が異なるホラームービーのナレーションを終えたぁみさんは、「怪談家としてこれまで色々なシチュエーションの語りを行ってきたが、ここまでディープな恐怖について語ったことはない。今回初めてDeep紫外線というものに触れたのだが、これは本当に怖い。怪談家の僕でも収録を終えた後におもわず『怖っ!』と声をあげてしまった」と、語っていた。

 「アスタリフト」では、間近に迫る10連休と本格的な紫外線シーズンを前に、このムービーを通してディープな紫外線の恐怖が伝わることを期待している。【PR】

富士フイルム「アスタリフト」ブランドサイト=https://h.fujifilm.jp/special/astaliftbrand/vs-uv/
WEB動画「逃げきれない」篇=https://youtu.be/mp7ZZwltbT4
WEB動画「逃げきれない」篇 特別バージョン=https://youtu.be/42fan879Tgc


このページの先頭へ