美容・化粧品

常盤薬品、「毛穴パテ職人」から「フィニッシュキープパウダー」を発売

2019.03.07 16:11 更新

 ノエビアグループの常盤薬品工業は、4月23日に、セルフベースメイクブランド売上第1位(制度品、ブランドメイクを除く国内ベースメイクブランド 店頭売上金額(毛穴パテ職人全アイテムの累計)2011年~2018年 小売店5社POSデータ)で、累計販売個数2000万個(発売~2018年11月末までの累計販売個数)を突破したブランド「毛穴パテ職人」から、「フィニッシュキープパウダー」を発売する。

 2006年の発売以来、「毛穴パテ職人」が続けてきた「毛穴研究」。長年の研究成果から生まれた緻密で繊細に毛穴を隠すパテ技術をもとに、昨年5月“the Pate(ザ・パテ)”シリーズが誕生した。その際に発売した「毛穴崩れ防止下地」は、なめらかで薄づきながら毛穴カバー力があり、長時間崩れない下地として、好評を得ているという。

 今回は、同シリーズから「毛穴パテ職人 フィニッシュキープパウダー」を発売するとのこと。ファンデーションの仕上がりを邪魔せずに仕上がりをキープする仕上げ用の「プレストパウダー」となっている。

 「毛穴パテ職人」オリジナルの“4Dフィット処方DX”が、美肌を叶えるための3つの機能「Cover」「Keep」「Care」を実現。崩れを知らない絶妙なバランスで、まるで朝の仕上がりがそのままコーティングされたかのような、快適な肌状態を1日中キープする。また、光を操るパウダー&パールがくすみを飛ばし、透明感があふれる明るい美肌へ導くとのこと。ファンデーションの色を活かすクリアカラーなので、どんな肌にも浮かずにマッチするという。

 UVカット機能と紫外線・乾燥などの環境刺激から肌を守る“肌ストレスブロック”も採用している。SPF30+ PA+++。香水ライクなティアローズの香りとなっている。

 また、均一美肌を叶えるために、毛穴とメイク崩れの原因を根幹から追求した。「毛穴影」と「毛穴の動き」に着目した職人技のプロダクトを届けるという。

 まず、肌のくすみやキメが粗く見える要因のひとつ、毛穴がもたらす「影」に着目したとのこと。メイク崩れは、皮脂や乾燥だけでなく、表情によって“常に毛穴が動くこと”から起こるという。

[小売価格]1800円(税別)
[発売日]4月23日(火)

常盤薬品工業=https://www.tokiwayakuhin.co.jp/cojp/


このページの先頭へ