美容・化粧品

花王、ソフィーナとカネボウ化粧品の店頭に新肌解析機を導入

2019.03.06 18:15 更新

 花王は、4月から、ソフィーナおよびグループ会社のカネボウ化粧品の店頭に、カウンセリング時に使用する新肌解析機を順次導入する。

 新肌解析機は、現行機器に比べて機能や操作性が向上。測定・解析の内容が充実するとともに、これらにかかる時間が短縮され、解析結果もより鮮明にわかりやすく表示できるようになった。また、解析データを店頭顧客システム(消費者の購入履歴や接客内容などが登録できる、店頭と消費者とを結ぶ“接客サポートツール”。会社と店頭間の業務サポートツールとしての機能も持つ。百貨店、GMS店舗にのみ導入)と連動させることで、選択した過去のデータと比較してアドバイスができるようになり、消費者の要望やシチュエーションに応じて、よりわかりやすく満足度の高いカウンセリング提案が可能になる。花王グループでは、今回の新肌解析機導入によって、グループの化粧品事業におけるカウンセリング提案力を一層強化していく考え。

 昨今、デジタル環境が整ったことで、消費者は、美容に関するさまざまな情報を即座に手軽に入手できるようになった。また、Eコマースの浸透によって消費者の購買行動やニーズにも変化が生まれ、リアル店舗に対しては、対面でしかできないパーソナルな情報やサービスの提供が、これまで以上に求められるようになっている。

 花王グループでは、現在、化粧品事業における個々のブランドを、個性が際立つブランド群へと磨き上げるための戦略的なモノづくりとマーケティングを推進しているという。なかでもカウンセリングを通じて販売するブランドについては、リアル店舗に対する消費者のニーズを、美容部員が高度なレベルで満たすことが、ブランド力の向上の面でも重要と考える。

 こうした流れを背景に、花王グループのカウンセリング提案力の一層の強化を目的として、今回、ソフィーナとカネボウ化粧品の店頭に新たな肌解析機を導入するとのこと。

 今回導入する新肌解析機は、センサーとカメラ、タッチパネル式の画面が一体化したコンパクトなコードレス設計です。その場で測定から解析まで行なうことができるため、カウンセリングの場所を選ばず、測定にかかる消費者の負担を軽減することができるとのこと。現行機器に比べカメラや解析の機能が向上。これまで以上にスピーディに解析し、時間のないお客さまにもその場でわかりやすいアドバイスができるようになった。肌悩みや要望、シチュエーションなどに合わせて、コースやメニューを絞ることも可能となっている。また、解析データを店頭顧客システム と連動させることで、選択した過去のデータと現在の状態を比較することができるとのこと。測定項目やメニュー、解析結果の表示については、ソフィーナとカネボウ化粧品がそれぞれ得意とする分野をいかして消費者にアドバイスができるよう、異なる仕様になっている。

 <ソフィーナ>は、「ビューティパワースコープ」を5月から順次、GMS、ドラッグストアに約1200台導入する。特徴は、鮮明な肌拡大画像や、顔イラストを使った結果表示など、消費者に肌状態や必要なお手入れをひと目でわかりやすく伝えることができるとのこと。解析は、“総合”“ビジュアル”“部位別”“ベースメイク”“簡易”の5つのコースから選べるという。“総合解析”では、肌の美しさを決める要素のうち、8つの視点(キメ、透明感、メラニン、ハリ、セラミド、水分、皮脂など)で肌状態を解析表示。同年代の平均値とも比較できる。“ビジュアル解析”では、カメラ機能を駆使した肌拡大画像で肌状態の確認ができるとのこと。“部位別解析”では、解析結果を顔イラスト上に色の濃淡で表示することで、部位ごとの状態をひと目で確認することが可能となっている。また“ベースメイク解析”では、肌の色に合わせたファンデーションの色提案ができるという。

 <カネボウ化粧品>は、「Beauty Com(ビューティ コム)」を4月から順次、百貨店、GMS、ドラッグストア、化粧品専門店で、約3400台導入する。特徴は、カネボウ化粧品独自の「トータルビューティカウンセリング」に対応し、「スキンケア」「メイクアップ」「ヘア」の領域で、トータルに美を提案することができるとのこと。「スキンケア」モードは、要望や肌悩みなどに合わせて4つのコースから選択できるという。「スキンケア」モードの“フルコース”では、7つの視点(肌タイプ、キメ、毛穴、角質、肌の色、透明感、ハリ)で肌の状態を捉え、14項目の測定値で表示。現在のお手入れ充実度と不足をチャート図で確認することができるという。「メイクアップ」モードでは肌の色に合うファンデーションの色提案が、「ヘア」モードでは頭皮や髪の状態確認やヘアカラーの色提案が可能となっている。

花王=https://www.kao.com/jp/


このページの先頭へ