美容・化粧品

カネボウ化粧品、「トワニー」からエイジングケアライン「センチュリー プライム」を発売

2019.02.19 18:41 更新

 カネボウ化粧品は、4月16日に、カウンセリングブランド「トワニー」から、新エイジングケア(年齢に応じたうるおいを与える手入れのこと)ライン「センチュリー プライム」を発売する(8品目・12品種)。「トワニー」の最高級ライン「センチュリー」の世界観を取り入れた新ラインを導入することで、ブランドの高価格帯を強化する。

 「トワニー」は、美しさにときめく気持ちを大切にし、いつでもいつまでも美容を楽しむ女性を応援するブランドとのこと。現在スキンケアでは、価格や機能によって選べる複数のラインを展開している。2016年には、カネボウ化粧品の技術を結集させ、最高級ライン「センチュリー」をリニューアルした。

 今回、高価格帯のさらなる強化を目的に、新エイジングケアライン「センチュリー プライム」を発売する。「トワニー」の最高級ライン「センチュリー」の世界観を取り入れた、大人の女性に向けたラインとなっている。最高級ライン「センチュリー」の高級感や贅沢感を踏襲しながら、「トワニー」らしいエレガントフェミニンな世界観を演出。ブランドの高価格帯ラインを充実させ、ロイヤルティーの高い愛用者の拡大を図っていくという。

 「トワニー センチュリー プライム」は、うるおって明るく澄んだハリのある肌に導くエイジングケアラインとのこと。今回、いつもの手入れを至福のひとときにすることを目指し、成分や感触、香りに特にこだわり、商品開発した。成分については、「トワニー」のスキンケア全商品に配合している植物抽出成分ボタニカルエッセンスを配合。角層のすみずみまで素早く浸透し、うるおうことでもっちりした肌に仕上がるという。香りは、天然香料を使用し調香した、高貴で優美なラグジュアリーフローラルの香りとなっている。

 中心商品の「トワニー センチュリー プライム ローション」(医薬部外品)は、角層のすみずみまで素早く浸透し、弾むようなハリのある肌に導く薬用化粧水とのこと。性質の異なる保湿成分を絶妙なバランスで配合することで、濃密感のあるまろやかな肌あたりで、べたつかずすっとなじむ感触を実現。化粧水でありながらまるで美容液のような充実感が感じられるという。有効成分カルニチン(塩化レボカルニチン)を配合。さらに、保湿成分センチュリープライムコンプレックス(テンニンカエキス、酵母エキス、トウヒエキス、ヒメフウロエキス、グリセリン)、植物抽出成分ボタニカルエッセンスも配合した。肌あれを防ぎ、紫外線や乾燥などの外的ストレスを受けた肌にうるおいを与えて、キメの整ったやわらかな明るい肌へと導くという。

[小売価格]5000~1万2000円(税別)
[発売日]4月16日(火)

カネボウ化粧品=http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/


このページの先頭へ