美容・化粧品

アデランス、「リフトアップウィッグ 美ジェンヌ」シリーズの新スタイル「エレガントショート」を発売

2019.02.14 19:32 更新

 アデランスは、「リフトアップウィッグ 美ジェンヌ」シリーズの新スタイル「エレガントショート」を公式通販サイト「アデランス公式通販(ウィッグサイト)」のウィッグ専用ページで、2月15日から発売する。

 「リフトアップウィッグ」シリーズは、機能性インナーメーカーのエル・ローズの補正下着のノウハウを活かして共同開発した顔のリフトアップと自由なヘアアレンジを同時に楽しむことができるレディメイド・ウィッグとのこと。アデランス公式通販サイトを中心に販売する「リフトアップウィッグ 美ジェンヌ」(2015年9月~)や、フォンテーヌブランドとして百貨店を中心に販売する「リフトアップウィッグ」(2016年10月~)などシリーズで展開している。同シリーズは、当初3年での目標販売個数であった1万2000個を、わずか1年半で売り上げた人気商品で、これまでに累計2万4581個(1月31日時点)販売している。

 「リフトアップウィッグ 美ジェンヌ」シリーズの新商品である「エレガントショート」は、既存商品に比べてサイドの長さと重さを出すことで、トップから後頭部へのふっくらとした美しいシルエットが特徴のショートスタイルとなっている。また、消費者から寄せられた声から、ウィッグ本体のベースキャップを見直し、キャップの大きさ・深さを改良することでよりフィット感が感じられるようになった。消費者の好みによって、右分け、左分け、センター分けなど様々なスタイルに対応でき、見た目の印象を変えやすい商品となっている。明るめのブラウン、シックな色味のモカブラウンの2カラーを用意している。

 「リフトアップウィッグ 美ジェンヌ」では、ウィッグの下に装着するリフトアップネットが、フェイスラインを引き上げ、気になる顔の“たるみ”や“小じわ”の解消を目指すという。ネット裏側の滑りにくいシリコンライン入りナノテープがしっかり肌をホールドし、伸縮性のあるパワーネットが目元やあごのラインを美しく引き上げる。調整ベルト付きで、引き上げる強さを自由に調整することが可能だ。2017年11月には、リフトアップネットの素材、形態の一部を改良し、フィット性と使いやすさを向上させた。
 ウィッグ本体のベースキャップには、伸縮性に優れたストレッチネットを採用した。えり足部分のシリコンテープがずれ上がりを防止し、頭全体を心地よく包み込む。リフトアップネットを使用しない場合は、こめかみ部分にあるストッパーを使用する。ストッパーを使用することで、伸びたストレッチネットが元に戻ろうとしてフェイスラインが引き上げられる。今回、消費者から寄せられた声を基にキャップの大きさ・深さを見直し、よりフィット感をアップさせた。
 毛材は、スタイルを作りやすい耐熱ファイバーと人毛をブレンドしているとのこと。取り扱いのしやすい耐熱ファイバー毛に、人毛をミックスすることで、自然な風合いを保ちつつ、簡単に手入れができるという。手櫛感覚でアレンジして様々なヘアスタイルを楽しめる。また、水洗いが可能で、自然乾燥させることでスタイルが復活する。

[小売価格]6万円(税別)
[発売日]2月15日(金)

アデランス=https://www.aderans.co.jp/


このページの先頭へ