美容・化粧品

クラシエホームプロダクツ、「ナイーブ ボディソープ(晩白柚)」を数量限定発売

2019.01.10 19:05 更新

 クラシエホームプロダクツは、「ナイーブ」の「ご当地ボディソープ」企画として、熊本県産の柑橘類「晩白柚(ばんぺいゆ)」の成分を使用した「ナイーブ ボディソープ(晩白柚)」(ジャンボ530mL/詰替用380mL)を1月16日に数量限定で発売する。

 「晩白柚」とは、人の顔の大きさほどもある世界最大級の柑橘類で、全国の生産量の約90%が熊本県産と、ほぼ熊本県のみで生産されている、希少価値の高い果実とのこと。「ナイーブ ボディソープ(晩白柚)」は、熊本県産「晩白柚」の果皮油を香料に配合。ほんのり甘くフレッシュな晩白柚の香りとなっている。

 今回も、熊本県のキャラクター「くまモン」とコラボレーションするという。晩白柚の大きな実から顔をのぞかせる「くまモン」が愛らしいパッケージとなっている。また、売上げの一部を熊本地震の被災地へ寄付するという、熊本県を応援する商品となっている。昨年3月に発売し、好評を得て、今年も発売する。

 ブランド誕生以来、植物由来成分を処方に生かしてきた「ナイーブ」は、日本各地の旬の植物や、季節イベント等に関連する植物素材を使った「ご当地ボディソープ」企画を2016年8月に開始した。日本全国を11エリアに分けて、第1弾の北海道「ラベンダー」と沖縄「月桃」(げっとう)を皮切りに、これまで、神奈川「桜の花」、和歌山「梅」、広島「レモン」、青森「りんご」、山梨「ぶどう」、徳島「柚子」を発売してきたという。

 同商品は、熊本県のくまもとビジネス推進課から、晩白柚を紹介してもらったところから開発が始まったという。熊本県の人々の想いも詰め込んだ「ナイーブ」のご当地ボディソープ「晩白柚」となっている。

 同品は、日本の各エリア独自の植物に着目した「ナイーブ ご当地ボディソープ」企画。熊本県産「晩白柚」の成分を使用、熊本県のキャラクター「くまモン」をあしらったパッケージとなっている。熊本県産「晩白柚」の果皮油配合香料を使用。ほんのり甘くフレッシュな晩白柚の香りとなっている。「石けん洗浄成分」と「アミノ酸系洗浄成分」(ラウロイルメチルアラニンNa)をベースにした処方なので、やさしい泡でサッパリと気持ちよく洗い上げる。ブランド誕生以来のこだわりである「洗う成分100%植物生まれ」とのこと。植物生まれの泡でやさしく洗えるという。着色料、鉱物油、シリコン、パラベン、アルコール(エタノール)を使用していないとのこと。子どものデリケートな肌もやさしく洗い上げるという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]1月16日(水)

クラシエホームプロダクツ=http://www.kracie.co.jp/


このページの先頭へ