美容・化粧品

コーセー、メイクアップブランド「ヴィセ」が25周年記念でパーソナルカラー判定サービスを導入

2019.01.30 12:42 更新

 コーセーのメイクアップブランド「ヴィセ」は、今年に誕生から25周年を迎えた。同社はそれを記念し、一年間を通じて、様々な取り組みを開始する。

 「ヴィセ」は、10~20代のトレンドに敏感な女性に向けて1994年1月に誕生したメイクアップブランド。常に時代のファッションリーダーをイメージキャラクターに起用し、その時代の若い女性たちのトレンドメイクをリードしているという。現在は、トレンドを先取りしながらも「上質感・本物感」を取り入れた「ヴィセリシェ」と、感度の高い“20代のメイクマニア”に向けたスタイリッシュな「ヴィセ アヴァン」の2つのラインで構成されており、どちらもモデルでタレントの滝沢カレンさんを起用、新たなメイク提案をし続けている。

 今年はブランド誕生から25周年を迎え、消費者により楽しんでもらえる企画を予定しているとのこと。

 第一弾は、今までにない新たな試みとして「パーソナライズ」提案を取り入れた商品およびプロモーション展開する。2月に発売するパーソナルカラーに基づいたアイカラー「マイヌーディ アイズ(肌色になじんで自然な陰影をあたえるアイカラー)」のプロモーションでは、日本初のパーソナルカラー判定サービス(パソカラ)を導入する。

 人工知能(AI)技術の一つである機械学習を活用したパーソナルカラー判定サービス「irofit(イロフィット)」を「パソカラ」という名称で「ヴィセ」に導入する。1枚の顔写真を読み込むだけで、「パソカラ」がパーソナルカラーを瞬時に判定し、さらにそれに似合う色味の商品を提案するという。2月16日発売の「ヴィセ」新製品と既存のポイントメイクを対象とし、1月30日から、公式サイトやSNS、店頭什器等で展開する。

 25周年記念イベントでは、一般の消費者にヴィセの世界観や新製品を楽しんでもらえるイベントを東京都内にて予定しているという。その他、25周年記念商品の発売など、今までにない新たな試みを実施し、年間を通じてキャンペーンを盛り上げていく考え。

コーセー=https://www.kose.co.jp/


このページの先頭へ