美容・化粧品

コーセー、トータルヘアブランド「スティーブンノル ニューヨーク」の白髪染めを刷新

2018.12.28 12:24 更新

 コーセーは、トータルヘアブランド「スティーブンノル ニューヨーク」のヘアカラーを刷新する。カラーリスト監修の色設計で、ヘアサロンで染めたような仕上がりの発色と色持ちのよさを実現する医薬部外品のおしゃれな白髪染め「カラークチュール クリームヘアカラー」(1品目12品種)と「カラークチュール 液状ヘアカラー」(1品目8品種)を来年2月16日からドラッグストア・量販店・化粧品専門店などで発売する。

 メインアイテムの「カラークチュール クリームヘアカラー」は、白髪の気になる部分にもしっかり密着し、ムラなく、ツヤやかに染め上げる、スティーブンノル ニューヨークではじめてのクリーム状ヘアカラーとなっている。同時に発売する「カラークチュール 液状ヘアカラー」は既存の「カラークチュール ヘアカラー」(2013年2月発売)のリニューアルとなる。評価の高い、発色の良さ・香りはそのままに、さらにカラーバリエーションと色持ちを向上させることで、サロン品質による効果感を高めた。

 染毛は、ヘアサロンで行うとプロの手によって希望通りの色に均一に美しく染め上がる一方で、時間や施術費用がかかるなどで、自宅での染毛とヘアサロンを併用するケースも多く見受けられるという。最近では、伸びた部分だけを手軽に染めることができ、複数回に分けて使用できるクリームタイプが支持を得ているとのこと。今回、広範囲を手早く簡単に染められる「液状タイプ」に加え、新たに「クリームタイプ」も発売することで、消費者の使用シーンに合わせて幅広いニーズに対応するという。

 また、カラー展開も見直し、美容室での施術のように、様々な色を足し合わせた絶妙な色味や、トレンドに合わせたアッシュ系など、豊富なカラーバリエーションを揃えた。奥行きのある髪色を実現するメインカラーと白髪を均一に染めるベースカラーの組み合わせで、洗練された深みのある色合いに染め上げる。はえぎわ・分け目など気になる部分の白髪にもしっかり密着して、ムラなく染め上げ、美しい髪色が続く。

 「スティーブンノル ニューヨーク」は、これからも“その人本来の美しさと魅力”を最大限に引きたてる商品を提案していく考え。

 「スティーブンノル ニューヨーク」は、ニューヨーク在住で、サロンと撮影の両分野で活躍する数少ないトップヘアスタイリストであるスティーブン・ノル氏監修のヘアケアブランド。同氏は1991年、マディソン・アベニューにヘアサロン「スティーブン・ノル サロン」をオープン。クライアントには、シンディクロフォードをはじめ、多くの著名人がいるという。2003年1月、同氏とコーセーの共同開発によって、自宅でサロンの仕上がりを実現する、高品質な商品として「スティーブンノル ニューヨーク」を日本国内に初導入した。以来、シャンプー・コンディショナーなどのインバス商品を中心に、ヘアミストなどのアウトバス商品でもファンを拡大し、髪への意識の高い多くの女性から支持を集めているという。2012年5月には、店頭販売を行うパブリック向け事業に加え、新たに美容室向け事業としてヘアサロン専用商品「スティーブンノル プロフェッショナル」も開発・発売、ヘアサロンへの導入を進めている。日本国内のヘアサロンおよび、海外では「スティーブン・ノル サロン」のみで販売をしている。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]2019年2月16日(土)

コーセー=http://www.kose.co.jp/


このページの先頭へ