美容・化粧品

ヤクルト、基礎化粧品「リベシィホワイト」シリーズをリニューアル発売

2018.12.19 17:53 更新

 ヤクルト本社は、ヤクルト ビューティエンスの主力ブランド「リベシィホワイト」シリーズ(医薬部外品)をフルリニューアルし、来年3月5日に発売する。

 高保湿美白基礎化粧品「リベシィホワイト」シリーズは、美白(メラニンの生成をおさえ、シミ・ソバカスを防ぐこと)有効成分と「乳酸菌(乳酸菌由来の保湿成分配合)×植物」のチカラを活かした、ヤクルト独自の“透白(美白とうるおいによって、明るく透明感あふれる肌のこと)メソッド”を採用した。シミとくすみを同時に防ぎ、明るく透明感のある肌へ導く。

 なお、リニューアルにあわせて、ベーシックケア5品を1週間おためしできる「リベシィホワイト セット」も発売する。

 「リベシィホワイト」シリーズは、多くの人が抱える肌悩みであるシミ・ソバカスなどの美白ケアに特化したシリーズとなっている。ヤクルト独自の“透白メソッド”を採用することでシミとくすみを同時に防ぎ、透白肌へ導く。透白メソッドとは、メラニンの生成をおさえてシミ・ソバカスを防ぐ“ホワイトニング(美白)”と、乾燥によるくすみを防ぎ、明るい印象の肌へ導く“ブライトニング(くすみケア)”、またその2つをサポートする“保湿”を行い、明るく透明感のある肌へ導く仕組みのこと。

 オリジナル保湿成分である「S.E.(シロタエッセンス)」は、乳酸菌由来の保湿成分とのこと。多数の乳酸菌株の中から選び抜いた、肌へのはたらきが高い成分を生みだす乳酸菌でミルクを発酵させて得られるという。肌本来のうるおい成分である天然保湿因子と似ているため、よくなじむとのこと。「乳酸菌はっ酵エキス(アロエ)」は、アロエを乳酸菌で発酵させて得られる保湿成分となっている。肌本来のうるおい成分である天然保湿因子と似ているため、よくなじむという。「高分子ヒアルロン酸」は、乳酸菌からつくり出した水分保持力の高いヒアルロン酸で保湿を持続する。「水丁香エキス」(新配合)は、数百種類の植物の中から約40年の歳月をかけ選び抜いた「水丁香」から抽出したエキスとのこと。ハリ、つやに満ちた肌に導く。
 有効成分「ビタミンC誘導体」は、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ(クレンジング・ウォッシングを除く)。「甘草エキス」は、抗炎症作用、刺激緩和作用があり、肌アレやニキビを防ぐという。

 その他の保湿成分「キウイエキス」(新配合)は、希少かつ栄養分豊富な果実レインボーレッドキウイから得られるエキスとのこと。うるおいを与えて明るい肌へ導くサポートをする。「パウダルコ樹皮エキス」(新配合)は、南米で「神からの恵みの木」と呼ばれるパウダルコから得られるエキスとのこと。うるおいを与えて明るい肌へ導くサポートをする。

 香りは、これまでの「リベシィホワイト」シリーズを踏襲した、爽やかな自然の香り(「フレッシュ グリーンフローラルブーケ」)をベースに「水丁香」の花に近い香り成分が追加され、現行品と比較し、よりやわらかく華やかな香りになった。

 また、「リベシィホワイト」シリーズのコンセプトを表現したデザインにした。キャップ・ポンプ部分には“ホワイトニング”をイメージした明るく輝くシルバーホワイトを、ボトル部分には“ブライトニング”を表現した深く透きとおるようなブライトンブルーを採用している。

[小売価格]各1500円(税別)
[発売日]3月5日(火)

ヤクルト本社=https://www.yakult.co.jp/


このページの先頭へ