美容・化粧品

カネボウ化粧品、高輝度パールで白肌仕上がりが続く「アリィー エクストラUV ハイライトジェル」を発売

2018.12.13 19:28 更新

 カネボウ化粧品は、来年2月16日に、UVカット効果と快適性を追求する高機能サンスクリーンブランド「アリィー」から、高輝度パールで白肌に仕上げる「アリィー エクストラUV ハイライトジェル」を発売する(1品種)。20代を中心とした白肌志向の女性に向けて、従来のUVカット効果はそのままに、透明感とツヤのある白肌(高輝度パールによるメイク効果)仕上がりを訴求。サンスクリーンブランドとしての提案力を強化していく考え。

 昨今、20~50代の女性約8割が“白肌になりたい”と感じているようだ(出典TPC 2017年 20~50代女性 n=1万)。中でも、20代の女性はメイクで肌を白くつくりこんだり、自分の写真を加工して肌を白く見せるなど、肌をきれいに見せる手段として“白肌”を取り入れていることが見受けられる。さらに、日やけ止め使用者に調査したところ、10代後半~20代にかけて7割以上に“肌をきれいに見せる日やけ止め”が求められていることがわかった(同社調べ 2017年 日やけ止め使用者 n=384)。そこで今回「アリィー」は、これまでの機能に加え、高輝度パールによるメイク効果で白く美しい肌に見せる「アリィー エクストラUV ハイライトジェル」を発売する。

 発売に先がけて2月1日には、桜をイメージした色や香りの「アリィー エクストラUV ハイライトジェル PK」も数量限定で発売。明るく血色感のある桜ツヤ肌(高輝度パールによるメイク効果)仕上がりが続く。日本の象徴ともいえる桜をフックにした商品を国内で展開することで、日本人のみならずアジアからの訪日観光客への話題化を図る考え。

 「アリィー」は、UVカット効果と快適性を追求する高機能サンスクリーンブランドとのこと。日やけ止めを塗っているのに焼けてしまう原因として、汗や水だけでなく摩擦の影響も大きいことを解明。今年2月には、高いUVカット効果や感触のよさに加え、摩擦に強く落ちにくい“フリクションプルーフ”機能を搭載し、ラインアップを刷新した。

 来年の「アリィー」では、この機能を搭載した商品を“次世代UV2.0(アリィー内で、2018年以降発売の摩擦にまで落ちにくい商品)”と表現し、商品パッケージやポスターをはじめ、コミュニケーション全体を通じてアピールしていくという。新たなイメージキャラクターには、エレーナ・アンさんを起用。さらに、白肌仕上がりが続く新商品を発売することで、若年層のニーズに応えていく考え。

 「アリィー エクストラUV ハイライトジェル」は、高いUVカット効果があり、透明感とツヤのある白肌仕上がりが続くジェルタイプのサンスクリーンとなっている。多層にコーティングされた輝度の高いパールが、ムラなく均一にのび広がり、肌全体を白く明るくトーンアップする。汗・水に抜群に強い”スーパーウォータープルーフ(80分間にわたる耐水試験で確認済み)”機能と、塗膜に弾力を持たせる処方によって、摩擦に強く落ちにくい”フリクションプルーフ”機能を実現。UVカット効果と白肌仕上がりが持続するという。美容液成分(保湿)(ヒアルロン酸、コラーゲン)を配合したジェルタイプで、いつもの洗顔料・ボディソープで落とせるとのこと。

[小売価格]オープン価格
[発売日]2019年2月16日(土)

カネボウ化粧品=http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/


このページの先頭へ