美容・化粧品

アテニア、エイジングケアライン「ドレスリフト」・本格保湿ケアライン「プリマモイスト」をリニューアル発売

2018.11.05 20:08 更新

 アテニアは、2014年に誕生した「時計美容スキンケア」2ラインを、新たな遺伝子研究によりさらに進化させる。エイジングケアラインの「ドレスリフト」本格保湿ケアラインの「プリマモイスト」を、来年1月21日から通信販売および直営店舗でリニューアル発売する。

 細胞の生まれ変わりを司る“長寿遺伝子サーチュイン6”に着目し、独自原料「サーチュライザーS6」を配合。これまでの、時計遺伝子が司る「一日」というリズムに加え、「一生」の肌リズムまでも味方に、美しさの寿命に挑戦する、新「時計美容スキンケアライン」が登場する。

 人生100年時代といわれて久しい現代、「美しさの寿命をいかにして引き延ばすことができるか」という、女性にとって永遠のテーマであるこの命題に対し、2014年に誕生したのが「時計美容スキンケア」とのこと。当時から医療の分野にも応用されていた時計遺伝子に着目し、アテニアとして初めて「遺伝子研究」を化粧品に反映させて創り上げた画期的な美容法となっている。

 時計遺伝子が刻む“体内の時計”に耳を傾け、ただその一日のリズムにあったスキンケアをする、という、いたってシンプルなものだが、ライフスタイルが多様化し、リズムが乱れがちな現代女性には絶大な威力を発揮した。

 そして4年後の今、「ずっと美しくある」ことへの研究を続け、アテニアが出した最新の答えは、「一日」という時間だけでなく、“年齢”という、いわば「一生」という時間のリズムをも味方につける、進化した「時計美容スキンケア」となっている。

 新たに着目したのは、美肌の寿命を司る“長寿遺伝子サーチュイン6”。アテニアは、細胞の生まれ変わりが円滑に行われる「オートファジー(自己修復システム)(オートファジー(自己修復システム))」と、“長寿遺伝子サーチュイン6”の関係に、新たなメカニズムを発見した。“長寿遺伝子サーチュイン6”が発現するほど、「オートファジー(自己修復システム)」の誘導を促進することを立証したという。

 この新知見に基づき、“長寿遺伝子サーチュイン6”の発現に関与する独自原料「サーチュライザーS6」を開発。新たに「時計美容スキンケア」に配合することで、美しさの寿命にかつてない可能性をもたらした。これによって、アテニアの「時計美容スキンケア」は、時計遺伝子に加え、“長寿遺伝子サーチュイン6”へのアプローチで革新的なスキンケアラインへと生まれ変わったのだという。

 老化による細胞の生まれ変わりは、細胞内で生成される「不要たんぱく質」を細胞自身がリサイクルし、新しいたんぱく質を作る材料にしたり、細胞内をきれいに保つ「オートファジー(自己修復システム)」が調整している。また、老化制御には、“長寿遺伝子サーチュイン6”が深く関わっていることが知られている。

[小売価格]
ドレスリフト:1836円~4320円
プリマモイスト:1512円~3240円
(すべて税込)
[発売日]2019年1月21日(月)

アテニア=https://www.attenir.co.jp/


このページの先頭へ