美容・化粧品

花王、ベースメイクブランド「プリマヴィスタ」から10周年スペシャルデザインの限定パッケージ商品3種を発売、チョコレートブランド「マックス ブレナー」とのコラボ企画も実施

2018.07.24 19:26 更新

 花王は、ベースメイクブランド「プリマヴィスタ」のブランド誕生10周年を記念し、10周年スペシャルデザインの限定パッケージ商品3種を8月7日から発売する。限定デザインは、光沢のあるピンクゴールドで高級感を演出。さらに、アニバーサリーのデザートプレートをイメージしたチョコレートソースをさりげなくあしらうことで、遊び心を表現している。また、チョコレートソースがデザインのモチーフになっていることから、イスラエル発のチョコレートブランド「マックス ブレナー」とのコラボレーション企画を実施する。7月24日に行われた「プリマヴィスタ 10th anniversaryプロジェクト」発表会では、プリマヴィスタの製品特徴に加えて、10周年を記念した10のプロジェクト概要について、一部を紹介した。

 「『プリマヴィスタ』は、“ひと目、出会った瞬間から”という意味を持つ、イタリア語の“Amore a Prima vista”から名付けられ、2008年に誕生した。女性のもつ“素肌本来の美しさ”を引き出すことで、女性の“出会いの瞬間”を前向きにすることを目指してきた」と、花王 コンシューマープロダクツ部門 ソフィーナ事業部 プリマヴィスタ担当の畑中氏が挨拶。「当社では、約300名の女性の肌画像を解析し、素肌本来がきれいに見えるファンデーションの開発を行ってきた。その結果、光の色によって、肌の見え方が異なることがわかった。具体的には、青色は光を通しにくいため、肌のくすみなどが目立ってしまう。一方、赤色は光を通しやすいため、肌のくすみをうまく隠すことができる。この青色を通しにくく、赤色を通しやすい粉体を開発。インナーパウダー処方として、『プリマヴィスタ』の製品に使われている」と、「プリマヴィスタ」の製品では、肌がなぜきれいに見えるのかという点について解説。「今回、肌内部に赤い光をより多くとり込み、透過をアップさせた」と、赤い光を取り込むことで、肌本来の美しさを引き出す製品になっているのだと説明していた。「この10年間『プリマヴィスタ』は、光を味方につけて、進化し続けてきた。これからもゆるぎない自信のために、さらなる進化を目指していく」と、10周年を迎えた今年、寄り添うブランドから、頼れるブランドとして新たなステージにステップさせていく考えを示した。

 次に、10周年を記念した企画について解説した。「今回、『メイクを楽しむすべての人たちの大切な“出会いの瞬間”を前向きにするよう、応援していきたい』という想いと、10年分の感謝の気持ちを込めて、“とっておきの出会い”をテーマにした『プリマヴィスタ10th anniversaryプロジェクト』を始動し、順次展開する」と、合計10のプロジェクトを実施していくのだという。

 「高級感のある上品な光沢のピンクゴールドに、デザートプレートをイメージしてチョコレートソースをあしらった10周年限定のアニバーサリーデザインを、8月7日から発売する」と、限定パッケージを販売することで、特別感を演出するのだという。「10周年デザインセットには、コンパクトケースとレフィル(9g)のセットと、リキッドファンデーション、下地が同梱されている」と、10周年デザインセットについて紹介した。

 「また、10周年限定デザインパッケージ商品の発売を記念し、イスラエル発のチョコレートブランド『マックス ブレナー』とのコラボレーション企画を実施する。日本未発売のアイスクリームワッフルサンドを、『プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション10周年限定デザイン』をイメージしてオリジナルでアレンジした。さらに、マックス ブレナーで人気のチョコレートソース、チョコレートシリンジを、プリマヴィスタ イメージカラーのピンクにしたバージョンもあわせてメニュー化した」と、「プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション10周年限定デザイン」を舌でも楽しんでほしいのだという。「コラボレーションメニューは、8月7日から『MAX BRENNER CHOCOLATE PIZZA BAR ラフォーレ原宿店』において、期間限定で販売する」と、特別なスイーツをぜひ楽しんでほしいとアピールした。

[小売価格]
プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション10周年限定デザイン:ノープリントプライス
チョコレートアイスクリームワッフルサンド:870円
ホワイトチョコレートストロベリーシリンジ:500円
(すべて税込)
[発売日]8月7日(火)

花王=https://www.kao.com/jp/

 


このページの先頭へ