美容・化粧品

カネボウ化粧品、「ケイト ヴィンテージモードアイズ」など9品目48品種を発売

2018.06.22 20:09 更新

 カネボウ化粧品は、8月1日に、アジア(導入国・地域:日本、中国、香港、台湾、韓国、タイ、マレーシア、シンガポール、ベトナム、ミャンマー、フィリピン)で展開するグローバルメイクブランド「KATE(ケイト)」か8月1日ら、「ケイト ヴィンテージモードアイズ」をはじめとする、新商品を発売する(9品目48品種)。この秋のトレンドを先取りするアイメイクを提案するとともに、拡大するカラーリップクリーム市場に対応し、血色感と顔色に着目したCCリップシリーズを“世界に一つだけのデザイン”を施すなど、趣向を凝らして強化。ブランドファンのさらなる拡大を目指す考え。

 「KATE」は1997年のデビュー以来、眉目メイクアイテムを中心に、10~20代の女性に支持されている。目もとに陰影をつけ、ホリの深い印象的で大きな目もとを演出する“骨格リメイクアイシャドウ”や、昨年発売したベースメイクシリーズ「THE BASE ZERO」も好評で、セルフメイク市場16年連続売上シェアNo.1(インテージSRI調べ セルフメイク市場2002年1月~2017年12月累計販売金額)をキープしている。

 SNSを中心とするデジタルでのコミュニケーションが活況の今、自分の見せ方や印象をメイクの“色味”によって表現する若者も増え、アイシャドウのトレンドにもその変化が表れている。今年秋は、“抜け感のある囲み目”“くすみカラー”が注目されている。今回「KATE」は、深みのあるくすみカラーと光沢で囲み目をつくり、抜け感のあるシックで大きな目もとを演出するアイシャドウを発売する。

 「ケイト ヴィンテージモードアイズ」は、2色のヴィンテージカラーで目を囲み、シックで抜け感のある大きな目もとを演出する4色セットのアイシャドウとなっている。

 AとBで繊細なツヤのグラデーションをつくり、Cのダークヴィンテージカラー(深い風合いの影色カラー)で上まぶたと下まぶたのキワにラインを入れるように囲む。その上からDのグロウヴィンテージカラー(にぶい光沢カラー)を幅広に重ねる。そうすることで、影とカラーがにじんで、くすんだ風合いのカラーの囲み目に仕上がるという。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]8月1日(水)

カネボウ化粧品=http://www.kanebo-cosmetics.co.jp


このページの先頭へ