美容・化粧品

コーセー、和漢植物成分配合のスキンケアブランド「雪肌精」から美容食品「ハトムギ パウダー」を発売

2018.05.17 10:20 更新

 コーセーは、和漢植物成分配合のスキンケアブランド「雪肌精(せっきせい)」から、初めての美容食品「ハトムギ パウダー」(1品目1品種)を7月1日から発売する。

 「雪肌精 ハトムギ パウダー」は、和漢植物の力を生かし、内側から美しさを育む顆粒タイプの美容食品とのこと。「雪肌精」の代表成分であるハトムギからじっくり抽出したエキスを1袋あたり1000mg配合。また、食のバランスを重視する「五味・五色・五法」という「和食」の考えから発想を得て、紫茶・黒米・白キクラゲ・生姜麹・ドクダミなどの5色の素材を粉末状に凝縮した。

 ハトムギは古来から利用されており、日本には江戸時代に伝来したといわれている。美容面においても効果が期待できるとされ、長年にわたり親しまれてきた。「雪肌精 ハトムギ パウダー」は、国産ハトムギにこだわり、殻・薄皮・渋皮を含むハトムギ種子全体からエキスを抽出、ハトムギ本来の甘みを生かしたやさしい風味に仕上げた。顆粒のままでも、水やぬるま湯、他の食品とまぜても楽しめる。

 現在、美容のために内側からのケアを心がける消費者は多く、市場の中でもさまざまなコンセプトの美容食品が販売されている。今回、透明感のある肌にみちびく「雪肌精」から美容食品を発売することで、内側からの美容もサポートし、既存愛用者の育成と新規愛用者の獲得を目指す考え。

 「雪肌精」は、和漢植物エキスをバランスよく配合することによって、透明感のある肌に導く化粧水として1985年に誕生した。発売以来、確かな肌効果と使い心地の良さから多くの女性に支持されており、近年ではベースメイクなどのカテゴリーを追加する一方、販路の拡大にも取り組み、現在では国内のドラッグストア・量販店、海外の百貨店などを中心に販売している。同社を代表するスキンケアブランドとして成長しており、特に化粧水は、1985年の発売から累計出荷個数5400万本(2017年3月末時点、各サイズ品・限定品を含む)を超えるロングセラー商品とのこと。同社の重点グローバルブランドのひとつとして、海外でも共通のプロモーションを展開しており、国内外、年代問わず、幅広く愛用されている。

[小売価格]ノープリントプライス
[発売日]7月1日(日)

コーセー=http://www.kose.co.jp


このページの先頭へ