美容・化粧品

コーセー、カウンセリング化粧品ブランド「インフィニティ」のベースメイク(5品種10品目)を発売

2017.09.08 19:31 更新

 コーセーは、カウンセリング化粧品ブランド「インフィニティ」のベースメイク(5品種10品目)を、11月16日から全国の「インフィニティ」取り扱い量販店やドラッグストアで発売する。

 30代以降の女性の多くが、夕方の“お疲れ顔”に不満を持っている(N=81(20代:29名、30代:33名、40~50代:19名))。その原因は、化粧くずれだけではなく、時間が経つことで顔の“たるみ(朝と夕方の顔面等高線から、体積変化を比較。たるみ方には個人差がある)”が進み、天井照明によっても、たるみやシワの“影”が強調されていることが分かった。「インフィニティ」は、これらの事実に着目して新ベースメイクを開発した。

 「タイトリフトベース」では、体温で固まり、形状を記憶するタイトリフトゲル(ポロキサマー407・(PPG-12/SMDI)コポリマー・マイカ[ハリ感アップ])を配合。使用時はなめらかに伸び広がりながらも、体温で暖められることでリフト感のある化粧膜をつくる。ファンデーションのつき、もちを高め、“朝のハリ感”を形状記憶。輪郭までも美しい仕上がりへみちびく化粧下地となっている。

 「スキンジェニック ファンデーション」では、“パウダーなのにしっとりした感触”と、“素肌のような仕上がり”を実現。透明性が高く、ツヤのあるシャドウレスパウダー(マイカ・(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー[明るさ・ハリ感アップ])を配合し、陰影なくキメが整った均一な肌に仕上げる。ふっくらとしたハリ感を演出し、夕方になっても明るい印象が続く。

 この他、ファンデーションケース等も合わせて発売する。

[発売日]11月16日(木)

コーセー=http://www.kose.co.jp


このページの先頭へ