美容・化粧品

エイボン・プロダクツ、肌へのやさしさと機能性を兼ね備えたスキンケアブランド「Dual Face」を発売、ドラッグストアやGMS・量販店向け商品として初展開

2017.07.13 20:07 更新

 エイボン・プロダクツは、ドラッグストアやGMS、量販店向けブランドとして、天然由来成分を全成分の90%以上配合し、肌へのやさしさと必要な機能を兼ね備えたハイブリッド型スキンケアライン「Dual Face(デュアルフェイス)」を、9月20日から発売する。7月13日に行われた同ブランドの新商品発表会では、ブランドのコンセプトの他、製品ラインアップなどについて説明した。

 「当社は、世界の訪販化粧品企業で第1位を獲得。約130年前に米国で誕生した」と、エイボン・プロダクツの堤智章社長が挨拶。「従業員の約7割が女性で、女性役員は15名中7名を占める」と、女性が活躍する企業なのだと訴える。「社会貢献活動にも積極的で、ピンクリボン活動に参加してから今年で15周年を迎える。また、社会に有意義な活動をした女性を表彰する『エイボン女性年度賞』を実施している」と、女性を様々な面からサポートする企業なのだと力説していた。

 「当社のモットーは、世界中で女性が求めている製品、サービス、そして女性の自己実現への願望を最もよく理解し、それを満足させることを目指し、様々な活動を行っている」と、女性が満足する製品やサービスを展開しているとのこと。「今回、日本進出50周年を迎えるにあたり、新たな市場にチャレンジすることにした」と、ブランドのさらなる飛躍を図るべく、新しい挑戦を推し進めていくと訴える。「まず、これまで、訪販や通販などダイレクトセールスのみで商品を展開してきたが、新たにリテールセールス向けにブランドを立ち上げる」とのこと。「さらに、日本化粧品市場において、昨年初めて輸出が輸入を上回った。こうした現状を踏まえて、当社の高品質な商品をアジアへ展開していく」と、マーケットをアジアに拡大することで、さらなる顧客獲得機会の向上に努めていくと訴えた。

 「そして、日本で培ってきた当社に対する強みと、理念に基づいたマーケットニーズに応える商品を提供するべく、働く女性に向けたハイブリッド型のスキンケアライン『デュアルフェイス』を上市する」と、新ブランドについて言及。「新ブランドでは、女性がほしいものを追求。天然由来成分だけでは十分に補いきれない部分を補完する成分を配合した、ハイブリッドな機能を有する製品となっている」と、新ブランドのポイントについて教えてくれた。「新ブランドについては、多くの人々にしっかり商品が届けられるように、配送網やディストリビューション網を確立させることを最優先としている」と、多くの人々に新ブランドが目に届くよう、販促などに力を注いでいく考えを示した。

 次に、エイボン・プロダクツ 流通事業本部 マーケティング部の栁澤あゆみ部長が、「デュアルフェイス」の概要について説明した。「『デュアルフェイス』のコンセプトは、仕事とプライベート、オンとオフの2つの顔を使い分けながら頑張る30歳前後の女性のために、肌へのやさしさと機能性をバランスよく兼ね備えたハイブリッド型スキンケアラインとなっている」と、2面性を持ち合わせた製品なのだと力説する。「『デュアルフェイス』には、2つの香り成分と6つの保湿成分を配合。さらに天然由来成分を90%以上配合している」と、天然由来成分をしっかり配合しているのだという。

 「『デュアルフェイス 2wayリムーバル ウォッシュジェル』は、ジェルでクルクルとメイクになじませたら、水またはぬるま湯を足して泡洗顔。保湿成分も配合しているので、肌にやさしく、モッチリとした肌に仕上がる」と、ジェルと泡洗顔で素肌をすっきりとさせてくれるクレンジング剤なのだと紹介していた。「『デュアルフェイス スキンコントロールローション』は、保水力に優れた4種のヒアルロン酸を配合。一日の渇きをしっかり保湿。ボタニカルの香りに包まれて、オフモードへのスイッチをオンにしてくれる」と、肌になじみやすいテクスチャーの製品なのだと説明していた。「『デュアルフェイス オイルセラムエマルジョン』は、オイルを高配合しているにも関わらず、潤い成分を角質層に閉じ込め、やわらかな肌に整えてくれる」とのこと。「塗った瞬間、肌にとろける高浸透美容液で潤いをチャージしてくれる」と、ごく小さい分子構造にして乳化させているため、高浸透で濃厚なテクスチャーなのだと教えてくれた。

 エイボン・プロダクツ 経営企画本部CSR広報室の平澤潮部長は、「デュアルフェイス」の事前アンケートやプロモーション戦略などについて説明した。「発売を前に『デュアルフェイス』を使ってもらった結果、80%以上の人が、その使用感に満足していると高評価していた」と、多くの女性から好感を得ることができたとのこと。「今回調査した人の半数が肌の乾燥に悩んでいる人であったが、こうした人たちからの評価が高かった」と、肌に悩みを抱える人を中心に、高い満足度を得ることができたと頬を緩める。「『デュアルフェイス』のデザインカラーは、青とオレンジを大胆に配した。青緑は、清潔感を表しており、オレンジには、元気さや親しみやすさを表現した」と、日常に寄り添うブランドであることを色で表現したのだという。

 「各製品にデザインされたアイコンについては、『2wayリムーバル ウォッシングジェル』では、オレンジをジェル、青緑は水分や泡を表した。『スキンコントロールローション』では、オレンジがヒアルロン酸などの保湿成分を表現し、青緑はたっぷりの潤いとみずみずしさを表した。『オイルセラムエマルジョン』では、オレンジをオイル、青緑をオイルと乳化している成分として表現している」と、それぞれのアイコンに込められた想いについて言及してくれた。「プロモーションについては、10月に東京メトロ全線でステッカー広告を展開。また、全国の店頭やイベント会場などでサンプリングを実施する。さらに、『デュアルフェイス』の専用ホームページを開設すると共に、SNSによる拡散も図っていく」と、様々なチャネルを通じて、「デュアルフェイス」のローンチをアピールしていくという。「販売チャネルは、9月20日からドラッグストアや量販店を通じて展開していく」と、同社初の本格的なリテールマーケット向け製品である点を多くの人に知らしめていきたい考えを示した。

[小売価格]
デュアルフェイス 2wayリムーバル ウォッシングジェル:1500円
デュアルフェイス スキンコントロールローション:1200円
デュアルフェイス オイルセラムエマルジョン:1800円
(すべて税別)
[発売日]9月20日(水)

エイボン・プロダクツ=https://www.avon.co.jp



このページの先頭へ