美容・化粧品

アンファー、設立30周年に向けたビジネス構想「アンファー ミライプロジェクト」を発表、新CMに出演するビートたけしさんが予防医学の大切さを語る

2017.06.16 19:16 更新

 アンファーは、今年10月8日に設立30周年を迎えるのにともない、新たな企業メッセージとして「予防医学でミライを変えよう。」を掲げ、2017年度のビジネス構想「アンファー ミライプロジェクト」を発足した。また、このプロジェクトの一環として、ビートたけしさんを起用した新TV-CM「歩く」篇、「転ぶ」篇を6月14日から全国でオンエア開始した。6月13日に開催された「アンファー30周年企業発表会」では、「アンファー ミライプロジェクト」の取り組みについて説明した他、新CMに出演するビートたけしさんが登場し、CM撮影のエピソードや予防医学の大切さ、自身の“ミライ”に向けたマニフェストなどを語ってくれた。

 「当社は、1987年に創業し、化粧品・健康食品などを扱う企業としてスタートした。創業以来、“いつまでも美しく、健やかに生きる”というエイジングケア・ライフスタイルの実現を支援することを企業理念に、消費者一人ひとりに合った商品・サービスを提案してきた」と、アンファーの叶屋宏一専務が挨拶。「1999年からは専門医師チームとオリジナルプロダクツの共同研究を開始し、2005年に頭皮ケアシリーズ『スカルプD』を開発。現在では、多種多様なトータルエイジングケア商品を展開しており、毛髪科学をはじめ、抗加齢科学、皮膚科学、再生医学、腸内細菌学の分野まで、商品ラインアップは135品にのぼっている」と、人々の美と健康をサポートする幅広い商品を提供していると胸を張る。

 「今年10月8日に設立30周年を迎えるにあたり、当社の商品やサービスで生活者のミライをよりポジティブなものに変えていくという決意を、『予防医学でミライを変えよう。』という新たな企業メッセージに込めて発信していく。そして、この企業メッセージに基づき、2017年度のビジネス構想として『アンファー ミライプロジェクト』を発足した」と、設立30周年を節目に、新たな一歩を踏み出すのだと語気を強める。「『アンファー ミライプロジェクト』では、ミライに向けて、より良い商品やサービスを提供する企業になることを約束する『マニフェスト30』を掲げると共に、消費者向けに3つのキャンペーンを展開していく」と、「アンファー ミライプロジェクト」の概要について説明した。

 「『マニフェスト30』では、商品力強化、社会的・文化的貢献、顧客への感謝還元、社内的な取り組みという5つのテーマで、合計30項目のマニフェストを掲げる。例えば、『新分野へ参入し、新たな価値を提供』では、ホルモンバランスにアプローチする商品を開発し、ブランド化する。『育毛・発毛に有効な新たな成分を開発』では、育毛や発毛に有効な成分に関する研究を進め、今年度中に新規成分を開発することを目指す。また、『“洗う”ことから海外の子どもたちの命を守る活動を始める』では、海外の子どもの死亡原因である感染症を予防する石けんを開発し、世界に届けていく」と、「マニフェスト30」の具体的な内容について紹介してくれた。「消費者向けキャンペーンとしては、『アンファー30周年「ミライをかえよう。」キャンペーン』、『アンファー30周年大感謝祭』、『アンファー30周年感謝イベント』を展開する。さらに、今後、2018年3月まで、毎月大きなニュースを発信していく予定なので、楽しみにしてほしい」と、設立30周年を記念した「アンファー ミライプロジェクト」の今後の展開にも注目してほしいと話していた。

 ここで、新たな企業メッセージ「予防医学でミライを変えよう。」を伝える新TV-CM「歩く」篇、「転ぶ」篇が上映され、CMに出演するビートたけしさんが登場。「今回のCMは、テリー伊藤さんが総合演出を担当していて、演出内容や撮影方法などについていろいろと指示を受けた。とくに、『転ぶ』篇の撮影では、何度も何度も転ばされて大変だった。テリーさんのリクエストやアドリブで、何パターンも転び芸を披露したのだが、撮影の後に体を見たら、あちこちに青タンができていた」と、テリー伊藤さんとのタッグで体を張った撮影に挑戦したのだという。「『歩く』篇は、カメラに向かって歩きながら、若者に向けて檄を飛ばす内容になっている。イヤなジジイだと思われるかもしれないが、最近は若者をおだてたり、夢を見させる大人が多くなってきている。しかし、現実はそう甘くはない。競争社会の中で、自分の力で戦っていく意識を持ってほしい」と、たけしさんの人生論を力強いメッセージで伝えてくれた。

 「年の取り方は人それぞれ違うのが当然。年齢は、あくまでも地球時間のカウントであり、本人の自覚や努力しだいで、同じ年齢でも肉体的、精神的に大きな差が出てくる。ただ、細胞自体が衰えていくのは間違いないので、その意味でも予防医学に取り組むことは重要だと感じている」と、予防医学の大切さについて語るたけしさん。「『ミライを変える』ということは、言葉でいうのは簡単だが、相当な覚悟が必要だと思う。いつまでも周りの人がサポートしてくれるわけではないので、自分自身で自分のミライを考えて、努力を続けていくことが必要だ」と、強い意志を持って自分のミライを変えていってほしいと訴えた。

 最後に、アンファーが「マニフェスト30」を発表したことに合わせて、たけしさんにも自身のミライに向けたマニフェストを披露してもらった。「私が掲げるマニフェストは『新しいものを避けない』。まわりを見ていると、若い人が新しいことをやろうとしたとき、上の人が抑えてしまうことがある。しかし、それでは、若い人が育たないし、自分にとっても新しい感性に触れるチャンスを失うことになる。私にも何人か弟子がいるのだが、なるべく寛容に考えて、少し気に入らなくても、新しいことにチャレンジさせるようにしている」と、新しいものを積極的に取り入れ、これからも進化を続けていきたいと目を輝かせていた。

アンファー=https://www.angfa.jp


このページの先頭へ