日用品・生活雑貨

花王、超うす型紙パンツ「リリーフ まるで下着」を改良し発売

2020.09.08 18:08 更新

 花王は、10月10日から、下着発想に基づき開発した、超うす型紙パンツ「リリーフ まるで下着」を改良新発売する。新開発のしなやかフィット生地で、布のようにやわらかく、下着のようなはき心地を実現した。足まわりもすっきりさせ、見た目の下着らしさが向上し、さらに動きやすくなった。

 花王の調査では、60~70代の3人に1人が尿モレ悩みを持っていることがわかっている(2019年調べ)。一方、近年、パンツタイプの大人用紙おむつの市場では、超うす型タイプのカテゴリーが伸長し、市場を牽引している。シニア世代は健康意識の高まりからスポーツをするなど活動的に過ごしている人も多いことから、動きやすくて目立たない超うす型タイプが支持されていると考えられる。

 花王では、2009年から生地自体が伸び縮みする素材によって超うす型のパンツタイプの大人用紙おむつを“下着のような感覚で使えるパンツ”として提案し、多くのアクティブシニアの人々から支持を得ているとのこと。

 今回「リリーフ まるで下着」を従来品に比べ、さらに下着のようにはける、感動のはき心地パンツとして改良し新発売する。不織布間を超音波で接着する新技術を採用したことで、生地のやわらかさが向上し、はき心地を大きく改善した。また、足まわりのギャザーをなくすことで、さらに下着らしい見た目になった。活動的で活き活きとした毎日を過ごしたい人に向けて前向きな尿ケアを提案するとしている。

[小売価格]設定なし
[発売日]10月10日(土)

花王=https://www.kao.com/jp/


このページの先頭へ