日用品・生活雑貨

花王、消えやすかったやさしい香りも汗に反応して香る衣料用柔軟仕上げ剤「フレア フレグランス」を改良発売

2020.07.28 13:24 更新

 花王は、8月29日から、衣料用柔軟仕上げ剤「フレア フレグランス」を改良発売する。「フレア フレグランス」の特長である、水分・体温に反応して香りが生まれる“香りセンサー”に加えて、新たに“フレグランスホールド技術(特許出願中)”を採用。これまでは消えやすかったやさしい香りも汗に反応して香るから、洗い立ての新鮮な香りが長続きする。

 柔軟剤市場のブランド別売上シェアNo.1(インテージSRI 柔軟仕上げ剤市場 2019年5月~2020年4月「フレア フレグランス」ブランド累計販売金額)の「フレア フレグランス」は、今回新開発の“フレグランスホールド技術”によって、従来は消えやすかった香りの多くを繊維内部へ閉じ込めることを実現した。この“フレグランスホールド技術”と、従来からの「フレア フレグランス」の特長である、水分・体温に反応して香りが生まれる“香りセンサー”の両立によって、しっかりした香りはもちろん、従来の柔軟剤(同社従来品)では難しかった消えやすい繊細な香りの持続が可能となった。あわせて、おだやかな香調の「ホワイトブーケの香り」を新しくラインアップに追加した。

 新しくなった「フレア フレグランス」は、自分らしさや自信、前向きな姿勢を香りで応援していくという。

 同品は、“香りセンサー”が汗・体温に反応し、着ている間の12時間、香りが生まれ続けるとのこと。ふんわり、素肌に心地よいやわらかさに仕上げるという。洗たくじわ・静電気も防ぐとのこと。抗菌(すべての菌に対して効果があるわけではない)・防臭効果で、天然生まれの柔軟成分を配合している。

 香りは5つとのこと。<ホワイトブーケの香り(新香調)>は、気品あふれるジャスミン・ローズなどのフローラルブーケと、フレッシュで優しいムスク・アンバーの穏やかな香りとなっている。<フラワーハーモニーの香り>は、グリーンアップルやペア(洋梨)、ピーチのフルーティな香りにシトラスやグリーンのみずみずしさを加え、フローラルの香調で包んだ香りとのこと。<ジェントルブーケの香り>は、ピーチやラズベリーなど優しいフルーティな香りに、ジャスミン・ローズの清く白い小花の香りだという。<フローラルスウィートの香り>は、幾重にもかさなる花びらのように奥行きのあるダマスクローズの香りに、白桃やラズベリーのみずみずしさをプラスした香りとのこと。<ベルベットフラワーの香り>は、華のあるピオニーやラズベリーの香りに、ぬくもりのあるウッディとバニラのやさしく包み込む香りとなっている。

[小売価格]設定なし
[発売日]8月29日(土)

花王=https://www.kao.com/jp/


このページの先頭へ