日用品・生活雑貨

ドーム、アスリートのためのパフォーマンスマスク「UAスポーツマスク」を発売

2020.06.19 10:12 更新

 アンダーアーマーの日本総代理店であるドームは、運動時に着用可能なパフォーマンスマスク「UA SPORTS MASK(UAスポーツマスク)」を8月に発売する。また、6月19日からアンダーアーマー公式サイトで先行予約を受け付ける。

 「UNDER ARMOUR MAKES YOU BETTER」をミッションとするアンダーアーマーは、どんなに困難なときであっても常にアスリートの悩みを解決し続けたいと考えているとのこと。

 現在、地球規模で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のため、日本でも「新しい生活様式」が求められており、スポーツを行う上でも制限が設けられている状況だ。そこでアンダーアーマーでは、アスリート自身と周りの人々を安全に保ちながら、エクササイズやトレーニングをしたいと願うすべての人のために、パフォーマンスマスク「UAスポーツマスク」を開発したという。

 1996年、アンダーアーマーの創業者であるケビン・プランク氏は、一枚のシャツを開発した。吸汗速乾性に優れたシャツは柔らかく、第二の皮膚のようにフィット。アスリートを汗による不快感から解放した。

 革新的な商品を開発して、アスリートを進化させる。このシンプルな考えがすべての始まりで、アンダーアーマーの原点となっている。どんなに困難な状況でも常にアスリートの悩みを解決し、サポートし続ける。パフォーマンスマスクを開発する上で、創業時から受け継がれるブランドのDNAを大切にした。

 3月中旬、米国アンダーアーマーは医療用マスクおよび個人用防護具を開発し、COVID-19の急速な拡大と戦う現地の医療機関や民間団体に対して数百万ユニットを配布したという。この過程でケビン・プランク氏は、パンデミックの中でアスリートのパフォーマンスを先導し、サポートするための解決策が必要だと感じたとのこと。彼はイノベーションチームに対して、「アスリートのためのマスクを迅速に開発しよう」と呼び掛けたという。

 開発の過程で、アスリートたちの健康と安全を最優先したとのこと。米国疾病予防管理センターの最新のガイドラインに準拠した上で、アスリートたちがトレーニングを再開するための解決策を模索。医療用マスクの開発を通して、フィット感や使いやすさ、生産のスピード感などのノウハウを得ており、パフォーマンスマスクの開発に生かした。安全性と機能性のバランスに細心の注意を払いながら開発を進め、プロトタイプを作ること13回目にして、ようやくアンダーアーマーが目指したマスクが完成したという。

 このパフォーマンスマスクは着用者による呼吸飛沫の拡散を減らすなど、安全性に配慮されているとのこと。その上で、アスリートが快適にスポーツを行うために多くの機能を搭載した。

 日本でも、アンダーアーマー契約選手および契約チームが活動時に着用する予定で、この状況下でアスリートのパフォーマンスをサポートする体制を整えたという。なお、マスクはウイルスの感染(侵入)を完全に防ぐものではないとのこと。

[小売価格]3000円(税別)
[発売日]6月19日(金)

ドーム=http://www.domecorp.com/


このページの先頭へ