日用品・生活雑貨

クレハ、メッセージムービー「NEWクレラップ『僕は手伝わない』篇」を公開、新しい家族のカタチと新しい家族の幸せを応援

2020.06.17 18:10 更新

 クレハは、家庭の暮らしに長年寄り添ってきた「NEWクレラップ」に込めた想いを発信すべく、初のメッセージムービー「NEWクレラップ『僕は手伝わない』篇」を制作した。なお、同動画は6月16日から、特設WebサイトならびにYouTubeで公開中だ。

 時代と共に変化し続けてきた家族のカタチ。共働き世帯の割合も年々右肩上がりとなり、現在一般世帯の2/3が共働き世帯といわれている(出典:内閣府 男女共同参画白書 平成30年版)。そして、日本中の家庭で「新しい生活様式」が試行錯誤されている今、まさに家族のカタチもさらなるフェーズを迎えようとしている。

 「NEWクレラップ」は発売から60年を迎え、変わり続ける時代の中で、家庭用品として暮らしのさまざまなシーンに寄り添ってきた。今回の動画は、新しい家族のカタチ、そして新しい家族の幸せを応援する「NEWクレラップ」のメッセージを発信すべく制作したとのこと。

 長らく女性が担うことの多かった家事・育児。夫婦共働きが増える中で、「どっちがやる」ではなく「一緒にやる」という考え方が、広まりつつある。今回の動画では、「僕は手伝わない」という一見今の世の中にそぐわないフレーズと共に、完璧とはいえないけれど、家庭の中で“ひたむきに”家事と向き合う男性の姿を描いている。「僕は手伝わない」の意図は、「手伝う、じゃなくて僕もやるのが当たり前だと思うから」。家事・育児も自分の大切な暮らしの一部として、主体的に行おうとする男性の決意を、静かに描く。

 互いが互いを尊重し、支え合う。そんな新しい家族の姿を応援する「NEWクレラップ」の“NEW”なメッセージが込められた動画となっている。

 撮影では、初日から、娘役の莉里沙ちゃんが元気いっぱい。お父さん役の平さん・お母さん役の成澤さんともすぐに打ち解けて、まるで本物の親子のよう。平さんはこの日のために“クレハカット”をマスター。成澤さんは本当においしそうにハンバーグをモグモグ。3人のおかげで、ほのぼのとした温かい撮影現場となったようだ。

 今回の動画では、マンションの一室を借り切って撮影。親子3人の等身大の暮らしの様子を再現するなど、舞台づくりにもこだわり、「リアリティ」と「新しい家族像」を追求した。動画のテーマである男性の前向きさを描きたい。でも家事を完璧にできるのは現実味がない。一方で男性の家事の不完全さを、女性が笑って許すように描いてしまうと、時代が前に進まない。かといって男性を責めるような表現になると、せっかく芽生えた男性の意欲を削ぐことになってしまうのではないか・・・。表現の模索は撮影中も続いた。支え合う家族の姿を描いた、多くの人に共感してもらえる内容となっているので、ぜひ閲覧してみてほしいという。

 なお、クレハカットとは、ラップを端から端まで引きながら切るのではなく、箱を持つ手を内側にクルッと回転させて、ラップを箱の中央から左右に切断するカット方法。ラップの巻き戻りを防ぐことができる。また、食器のサイズに合わせて無駄なく切ることができるようになった。

 「クレラップ」は1960年に同社が日本で最初に発売した家庭用ラップとのこと。その後、冷蔵庫や電子レンジの普及とともに家庭の必需品として大きく成長してきた。1989年にはパッケージを大幅にリニューアルし、「NEWクレラップ」として生まれ変わった。「いちばんうれしいラップになろう。」を基本コンセプトに、消費者の意見に真摯に耳を傾け、商品づくりを行っているという。「感動品質」を目指して、これからも改良を続けていく考え。

[メッセージムービー概要]
タイトル:NEWクレラップ「僕は手伝わない」篇
出演:平隆人(父役)、成澤優子(母役)、宮崎莉里沙(娘役)
動画公開日:6月16日(火)~
URL:フルバージョン=https://youtu.be/cKV_6kb7k2g
ショートバージョン=https://youtu.be/wwv3Nqyg6fk

クレハ=https://www.kureha.co.jp/
特設WEBサイト=https://kurelife.jp/special/web-movie/

隆人


このページの先頭へ