日用品・生活雑貨

フットマーク、水に浸して振るだけで冷たさが持続するマスク「FOOTMARK COOLISH SUMMER MASK SP」を発売

2020.06.02 10:10 更新

 水泳用品メーカーのフットマークは、水に浸して振るだけで冷たさが持続するマスク「FOOTMARK COOLISH SUMMER MASK SP(以下、フットマーククーリッシュサマーマスク SP)」を発売する。

 マスクが必需品となった今、夏場のマスク対策として二層式の表地には水着素材、裏地に独自の冷感素材を使用したマスクを開発した。一般的な接触冷感とは違い、水分を含んでいる状態で振れば何度も冷たさが持続することが特徴となっている。サイズはM、Lの2サイズ展開で、カラーはブルー、ピンク、グレー(いずれも表地はシロ)の3色。国内の縫製工場で生産している。6月1日からフットマークオンラインショップで先行販売する。

 同品は、独自開発の3種類の糸が気化熱を効果的に発生させ、冷感効果を発揮するとのこと。水分(水、汗、お湯でも可)を含ませ絞って振れば、何度でも生地温度が低下する。紫外線遮蔽率(UVカット)98%で、紫外線保護指数(UPF)50+とのこと。洗濯機で洗っても機能性は変わらないという。

 6月2日から、「FOOTMARK」Twitterアカウントにおいて、「フットマーククーリッシュサマーマスク SP」を100名へプレゼントする企画を実施する。

[小売価格]1100円(税込)
[発売日]6月1日(月)から順次

フットマーク=https://www.footmark.co.jp/


このページの先頭へ