日用品・生活雑貨

ミドリ安全、抗菌・抗ウイルス作用をもつ素材「DEW」を使用した接触感染予防手袋「MS132」を発売

2020.06.01 18:04 更新

 安全靴や作業着等を製造・販売するミドリ安全は、抗菌・抗ウイルス作用をもつ素材「DEW」を使用した接触感染予防手袋「MS132」を、6月1日からWEBサイト等で販売を開始する。

 新型コロナウイルスの接触感染予防策として、スーパーなどの食品売り場では、ニトリル手袋などの使い捨て手袋を使用するケースが一般的だ。しかし長時間の作業ではムレや素材による肌荒れ、アレルギー、臭いの問題などがあり、接触感染予防として活用できる通気性の優れた手袋を必要とする声が多く寄せられているという。

 そこで同社では、抗菌・抗ウイルス作用をもつ機能繊維「DEW」を、国内では初となる手袋に応用。国内工場での生産体制を整え、今回一般販売を開始する。スーパーや小売店における商品や現金の取り扱い、配送業や接客業、各種交通機関などはもちろんのこと、通勤通学時など接触感染が気になるすべての人に幅広く利用してもらいたい考え。

 使用方法は、通常の手袋と同様に使ってほしいという。汚れなどが気になる際は、衣料用洗剤を用いて洗濯機等で洗ってから使用してほしいとのこと。洗濯時には低温でのタンブラー乾燥、天日干しをせず日陰干しにて自然乾燥してほしいという。また、アイロンの使用は避けてほしいとのこと。

[小売価格]
M:460円
L:490円
(すべて税別)
[発売日]6月1日(月)

ミドリ安全=http://www.midori-anzen.co.jp/


このページの先頭へ