日用品・生活雑貨

リンレイ、施設・店舗・学校・住まいの菌・ウイルスを除去する「ハイジェニック除菌クリーナー」を発売、1回の作業で洗浄と除菌を同時に実現

2020.06.22 18:43 更新

 業務用・家庭用の床ワックスなど清掃資機材の総合メーカーのリンレイは、Withコロナ時代の新たなウイルス感染症対策製品として、施設・店舗・学校・住まいにおける菌・ウイルス除去を目的とした「ハイジェニック除菌クリーナー」(450mL)を、公式直販サイト他オンラインショップで販売開始した。

 新型コロナウイルス感染症の感染経路は、飛沫感染と接触感染といわれており、ドアノブや各種スイッチ、ボタン、手すりやテーブルなどが罹患者の咳やくしゃみ、手で汚染され、他の人が手を触れることで拡散していくとされている。ウイルスで汚染された手で口や鼻、目を触れると、ウイルスが体内に入り込むことから、手でよく触るところや共有で使うものを定期的に清拭することが感染対策として重要となっている。

 また、厚生労働省のWebサイトで公開されている「新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)令和2年3月10日時点版」では、「接触感染を予防するためには、(中略)消毒用アルコールや界面活性剤を含む住居用洗剤等で定期的な清拭をすることが有効」との記載があり、アルコールや次亜塩素酸ナトリウム製剤が入手できない際には除菌洗剤も活用できると考えられている。

 そこで今回、リンレイでは、プロの病院清掃現場で多く利用されている「業務用 ハイジェニッククリーナー4L」で培った技術を結集し、洗浄力・除菌力は変えずにフィットネスやアミューズメント施設・飲食店など各種店舗・学校・住まいと様々な利用シーンの高頻度接触面(よく触れる所)における「強力洗浄&速効除菌」を実現した「ハイジェニック除菌クリーナー」を開発したとのこと。希釈なしにそのまま使え、汚れ落としと除菌を同時に可能にした。さらに2度拭きがいらず、忙しい人でも技術がなくても簡単に使用できるという。

 「ハイジェニック除菌クリーナー」では、通常は、汚れが付いていることで低下してしまう除菌効果も、強力洗浄+速攻除菌の高スペック設計により、高いレベルでの汚れ落としと菌・ウイルス除去を可能にしている。水洗いができる様々な基材の洗浄&除菌に使用することができ、また拭き痕になりやすい成分を配合していないため、拭きムラが起こりにくい設計となっている。

 さらに、複数の界面活性剤、除菌成分、ビルダー等が複合的に作用し、エンベロープウイルスの不活化が期待できるとのこと。なお、インフルエンザウイルス(A型)に加え、βコロナウイルスに分類される牛コロナウイルスに対する不活化試験を実施したところ、「ハイジェニック除菌クリーナー」30秒接触での試験結果は、インフルエンザウイルス(A型)が不活化率99.99%、牛コロナウイルスが不活化率99.9%以上であったという。この結果からも、「ハイジェニック除菌クリーナー」は環境表面のエンベロープウイルスの不活化が期待できるとしている。

 リンレイでは、「ハイジェニック除菌クリーナー」を皮切りに、プロの清掃現場で培った技術を結集し、今後も施設・店舗ユースに応えられるサニテーション(衛生管理)カテゴリー製品を拡充していく考え。

[小売価格]1600円(税別)
[発売中]

リンレイ=https://www.rinrei.co.jp/
リンレイ公式直販サイト=https://www.rinrei-wax.jp/
ハイジェニック除菌クリーナー=https://www.rinrei.co.jp/pro_care/category/hyjienic_spray/


このページの先頭へ