日用品・生活雑貨

アイクリエイト、メイドインジャパンのエコラップ「good wrap!」を発売、商品1枚ごとに1食分の給食代を国連WFP協会へ寄付

2020.05.13 17:56 更新

 企画実行支援を通じて、働くヒトのチカラの最大化を目指すアイクリエイトは、よりよい未来のために、よりよく行動する人たちの企画コミュニティPlanners(プランナーズ)のプロジェクトとして、エコラップ「good wrap!(グッドラップ)」の販売を、5月13日から開始した。同プロジェクトでは、国連WFP協会の「飢餓撲滅とフードロス削減」への取り組みに賛同しており、商品1枚ごとに1食分の給食代を国連WFP協会へ寄付し、子ども達に栄養と希望を届けるチャリティーラップとして販売を行う。

 脱プラスチックの選択肢の1つとして世界のスタンダードになりつつあるフードラップだが、日本ではまだ認知度が低く、普及していないとのこと。そこでPlannersでは「サステナブルな未来のための新常識」をつくりたいという想いを込めて、メイドインジャパンにこだわったエコラップを企画した。毎日の生活で使うものだからこそ、私たちそれぞれが「good」な選択肢とはなにか、を考えるキッカケになることを願って「good wrap!(グッドラップ)」と名づけた。

 1枚で3役(保存・持ち運び・サーブ)を兼ね、カタチを変えて多様な使い方ができ、さらに洗って繰り返し使えるとのこと。身近なプラスチック製品である「ラップ」の代わりとして、食材をくるんだり、一時的なフタになったりするという。また、商品購入時についてくるビニールの袋の代わりにもなるとのこと。

 使用シーンなど、料理家を中心としたインフルエンサーの人々の声をもとに商品企画したという。

 こだわりの材料ですべて日本国内で製造しているメイドインジャパンとのこと。原材料は、オーガニックの綿もしくは麻100%の布地だという。コーティングは、みつろうと無添加ホホバオイル、天然樹脂を使用。抗菌作用もあるという。

 染色は、食品や植物木材の使わない部分から抽出した色素で染める「のこり染」で(岐阜県大垣市・株式会社艶金の技術)、1枚1枚手づくりだとか。必要なだけを製造。ムダをなくす。商品1枚につき子どもの1食分の給食代を国連WFP協会へ寄付するという。

[発売日]5月13日(水)

アイクリエイト=https://i-crt.jp/


このページの先頭へ