日用品・生活雑貨

HARIO、水たてコーヒーが簡単に作れる「ウォータードリッパー・ドロップ」を発売

2020.03.18 17:17 更新

 アイスコーヒーのおいしい季節がやってきる。今年はいつものアイスコーヒーを水出しの滴下式で淹れる水たてコーヒーに挑戦してみては。コクのある甘みと雑味のないすっきりとした味わいが特長の水たてコーヒーを簡単に作れるアイテムがHARIOから登場した。

 新製品「ウォータードリッパー・ドロップ」は、コーヒー粉にゆっくりと水を落として抽出する「滴下式」のコーヒー器具。上ボールに水を入れると水が流れ落ち、コーヒーが抽出される仕組み。その間、点滴のスピード調整は一切不要。技術やコツがなくても、コーヒー粉と水、そして少しの時間があればいつでも水たてコーヒーが抽出できるという。

 使い方はとても簡単。コーヒーの微粉が出にくいように「綾織りメッシュ」を採用したストレーナーにコーヒー粉を入れ、上ボールをセットし、水を入れたら準備完了。滴下パーツのスリットからポタポタと水が落ちて抽出するので、あとは、完全に水が落ち切るのを待つだけ。

 出来上がりまでの時間は、約45分。同じ水出しでも、8時間以上も水に浸して抽出する「浸漬式」とは違い、飲みたい時にすぐに作れるのも嬉しいところ。スリムな形状なので冷蔵庫のドアポケットで保存もでき、また、コーヒー粉の代わりに茶葉を入れれば、水立てのお茶も作ることができる。

 コーヒーも緑茶も、水でじっくり抽出すると旨みを最大限に引き出すことができるという。

 ポタ、ポタと小さな音を立てながらゆっくり淹れる水たてのおいしさを自宅でも味わってみては。

[小売価格]3000円(税別)

HARIO=https://www.hario.com/


このページの先頭へ