日用品・生活雑貨

リベルタ、野菜が長持ちする鮮度保持袋「ママラクリーン 鮮度キーパー Mサイズ/Lサイズ」を発売

2020.02.13 17:23 更新

 リベルタは、野菜が長持ちする鮮度保持袋「ママラクリーン 鮮度キーパー」を3月16日から、全国のドラッグストア、ホームセンター、スーパーマーケット、総合スーパー、リベルタオンラインショップ、ECモールにて順次発売を開始する。

 家庭でのフードロスについて、約7割が「とても抵抗を感じている」と回答した(料理写真共有アプリ・SnapDish調べ(20代~60代の男女403名/2019年/全国))。なかでも野菜や果物は、量が多くて使い切れなかったり、常備していても日持ちせず、無駄にしてしまいがち。

 そんな食品のロスを減らすべく、野菜や果物の鮮度を1ヵ月(同社内実験において(期間:2019年1月24日~2月28日))もキープできる保存袋「ママラクリーン 鮮度キーパー」が誕生した。

 「ママラクリーン 鮮度キーパー」は、袋に練り込んだ吸着材料〈ゼオライト〉が、野菜から出るエチレンガスを吸着して腐敗を遅らせ、野菜の鮮度を長持ちさせる保存袋。さらに、袋に特殊な抗菌加工を施していて、食品の腐敗を早める原因となる菌の繁殖を抑えられるため、1ヵ月経っても食品をみずみずしく保てる。

 使用後は袋をしっかりと洗い流せば、野菜の鮮度を長持ちさせる効果を落とすことなく、半永久的に繰り返し使用可能とのこと。サイズはM・Lの2種類の展開で、食品の大きさや用途に合わせて選べる。

[小売価格]780円(税別)
[発売日]3月16日(月)

リベルタ=https://liberta-j.co.jp/


このページの先頭へ