日用品・生活雑貨

HARIO、火加減いらずで絶品土鍋ごはん「フタがガラスのご飯釜 1~2合/2~3合」を発売

2020.01.23 11:49 更新

 HARIOは、火加減いらずで絶品土鍋ごはんとして、ホイッスルが鳴ったら火を止めるだけの失敗しないご飯釜「フタがガラスのご飯釜(1~2合)(2~3合)」を発売する。

 土鍋で炊いたご飯って、それだけで何もいらないくらい美味しい。しかし、いざ「土鍋でご飯を炊く」となると、火加減が難しそう、失敗したらどうしよう、と考える人も多いのでは。

 そんな不安を解決してくれるのがHARIOの「フタがガラスのご飯釜」だという。火加減調節が不要で、耐熱ガラス製のフタからご飯の炊きあがる様子が見えるご飯釜がさらに使いやすくなって登場した。

 炊き方はとっても簡単。お米を研いで浸水したら、中火で7~10分加熱。ホイッスルが鳴ったら火を止めて15分蒸らせばできあがり。面倒な火加減調節がいらないので、ご飯を炊いている間に別の作業をしたり、忙しい時間を有効活用できる。

 今回の改良では、鍋身の内側がラウンド形状になったことで炊飯時にお米が対流し、炊きムラなく均一に炊き上がるようになった。そして、多くの要望に応えて、1~2合サイズが登場する。鍋の肉厚を工夫することで焦げ付かず、コンパクトでありながら2合まで炊飯でき、人気のお粥も炊けるとのこと。さらに、フタのグリップは握りやすく、転がりにくい六角形を採用。なべ底も焦げ付かず、お米のこびりつきもきれいに洗えるので手入れもラクだという。

 炊き上がるまで、たったの25分。ガラスのフタから炊き上がる様子を眺めるのもよし、朝食を炊きたて土鍋ご飯にするのもよし、胃腸にやさしいお粥もよし。簡単そして時短のフタがガラスのご飯釜で、とびきりおいしい土鍋ご飯のある毎日を今日からはじめてみては。

[小売価格]
フタがガラスのご飯釜 1~2合:6000円
フタがガラスのご飯釜 2~3合:8000円
(すべて税別)

HARIO=https://www.hario.com/


このページの先頭へ