日用品・生活雑貨

花王、薬用入浴「バブ メディキュア 発汗リフレッシュ浴」を発売、サウナ好き芸人AMEMIYAさんがサウナ好き男性たちと一緒に"発汗リフレッシュ浴の湯"を体験

2019.10.28 19:20 更新

 花王は、10月24日に高円寺の老舗銭湯 小杉湯(東京・杉並)において、“発汗”に注目した高濃度炭酸(比較対象:同社バブゆずの香り)の薬用入浴剤「バブ メディキュア 発汗リフレッシュ浴(温浴効果)」発売記念イベントを開催した。昨今のサウナブームに着目した同商品の魅力をあますことなく体験してもらべく、サウナ好き男性のための一夜限りのイベントとして開催した。

 イベントにはサウナ好き芸人のAMEMIYAさんがゲストとして参加し、「家のお風呂でサウナのように汗をかく=家サ活」をテーマとして展開する同商品のキャンペーン「♪家サ活はじめませんか?」(10月24日から公開)にちなんで、代表曲をアレンジしたキャンペーン曲をライブで初披露。また、当日集まったサウナ好き男性たちと共に、新商品を使った“発汗リフレッシュ浴の湯”を一緒に体験した。

 イベントに参加したAMEMIYAさんは、「サウナが大好きなので、今回のイベントに参加できてとても嬉しかった。サウナで汗をかくことが好きで、“サ活”は自分の癒しでもある。でも、時間がないときは、 この商品を使って“家サ活”を楽しみたい」と、“サウナー”ならではの感想を語ってくれた。その後、 イベントに参加したサウナ好き男性たち25人と、一緒にAMEMIYAさんが入浴を体験。同商品のキャンペーン「♪家サ活はじめませんか?」を大合唱するなど、大いに発汗入浴会を満喫した。

 1983年に誕生した入浴剤ブランド「バブ」は、炭酸ガスのはたらきに着目して生まれた入浴剤として市場に定着し、発売以来入浴剤市場をけん引してきた。「バブ メディキュア」シリーズは、これまでの30年以上にわたる炭酸研究を活かし、現代の生活者ニーズに対応したシリーズとして、昨年秋に新発売した。30~50代男性を対象に湯船入浴について調査したところ、「お風呂で汗をかいて、気分をリフレッシュしたい」「疲労回復したい」というニーズが高いことがわかったという(2017年3月花王調べ)。そこで今回、「バブ メディキュア」シリーズから、お風呂でスカッと汗をかいて、疲労回復したい時におすすめの「バブ メディキュア 発汗リフレッシュ浴」を発売した。温浴効果を高めて、血流循環を促進し、疲労回復に効くとのこと。スカッと汗をかいて、気分がリフレッシュ。高濃度炭酸に加え、高麗ニンジンエキス(湿潤剤)、トウガラシエキス(湿潤剤)を配合しているという。さらに、「ストロング発泡」処方で、炭酸の泡が湯船の底から力強く湧きあがるとのこと。

[小売価格]設定なし
[発売日]10月19日(土)

花王=https://www.kao.com/jp/


このページの先頭へ