日用品・生活雑貨

バスクリン、薬用入浴剤「バスクリンマルシェ ラベンダーの香り」を発売

2019.09.05 17:29 更新

 バスクリンは、自然由来の原料だけを使った薬用入浴剤「バスクリンマルシェ」を、装い新たにリニューアルするとともに、天然精油を使用し、そよ風に揺れる花を想わせる、華やかですっきりした「ラベンダーの香り」を、9月18日に発売する。

 昨年秋に発売した、自然由来の原料だけを使った薬用入浴剤「バスクリンマルシェ」からアロマとして人気の高い「ラベンダーの香り」を9月18日に新発売する。100%天然精油(香料)使用の、そよ風に揺れる花を想わせる、華やかですっきりしたラベンダーの香りを楽しんでほしいとのこと。

 「バスクリンマルシェ ラベンダーの香り」では、自然由来の原料だけを使用したとのこと。化石系原料(石油原料、天然ガス等)不使用で、有効成分は100%天然ミネラル(乾燥硫酸ナトリウム)となっている。また、オーガニック認証ホホバ油(保湿成分)を使用した。合成香料、合成着色料は不使用。香りは100%天然精油となっている。ラバンデュラ・ハイブリダ(すっきりとした香りの印象をもつラベンダーの1種)精油を使用している。

 同品は、温浴効果を高めて身体を温め、疲労や冷えを緩和する「医薬部外品」とのこと。ごみが小さく捨てられるパウチを使用した。売り上げの一部を森林保全活動に寄付するという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月18日(水)

バスクリン=https://www.bathclin.co.jp/


このページの先頭へ