日用品・生活雑貨

タニタ、ブルートゥース通信機能を備えた小型の黒球式熱中症指数計「TC-310」を発売

2019.06.28 11:31 更新

 タニタは、ブルートゥース通信機能を備えた黒球式熱中症指数計「TC-310」を7月1日に発売する。熱中症予防の指標となるWBGT(暑さ指数)などを計測・記録するとともに、計測データをiPhoneなどにリアルタイムで送信できるのが特徴となっている。小型の黒球式熱中症指数計で、ブルートゥース通信が可能な商品は国内初となる。計測・記録項目はWBGT、気温、相対湿度、黒球温度の4項目。計測データは無線通信でiPhoneなどに送信し、対応アプリでリアルタイムに確認したり、本体に記録した最大3万件の計測データをダウンロードしたりすることができる。業務用として、気象や熱中症に関する研究機関や熱中症対策に取り組む自治体・企業などを対象に販売する。また、通信プロトコルを公開してシステム開発会社と連携、企業や団体向けの熱中症予防システムの構築、サービス展開を目指す考え。

 昨年5月から9月の熱中症による救急搬送人数は9万5137人と過去最多(総務省消防庁調べ)となった。今年は既に昨年を上回る7302人(総務省消防庁「熱中症による救急搬送人員(6月17日-6月23日速報値)」による4月29日から6月23日までの人数)が搬送されており、熱中症対策の重要性が増している。熱中症は「対策することで100%防げる疾病」といわれており、熱中症発症の危険度を示すWBGTを把握することで、効果的な対策ができる。タニタでは、WBGTを計測できる携帯型の黒球式熱中症指数計を2014年から展開している。その中で、気象に関わる機関の研究者、熱中症対策に取り組む自治体や学校、建設現場や工場、運動施設、屋内外のイベント会場などの管理者から、「リアルタイムで変化する熱中症の関連指数を記録し、管理したい」という声が多く寄せられていた。

 今回発売する「TC-310」は、こうしたニーズに対応して商品化したもの。計測データは本体の表示画面のほか、無線通信する対応アプリを使ってリアルタイムで確認できる。また、1分、5分、10分、30分、60分ごとの計測データを本体に記録でき、最大3万件の蓄積が可能となっている。最も細かい1分単位で記録した場合、約20日分のデータを保存できる。これは国内で販売される小型の熱中症指数計が記録できる計測データ件数・計測頻度としては最多となる。厚生労働省が実施している「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」では、職場での熱中症予防に日本工業規格「JIS B 7922」に準拠した暑さ指数計の利用を推奨しており、本商品は同規格のクラス2に準拠している。さらに、屋内外を問わず長期間使用できるよう、高い防じん防水性能(電気機械器具の外郭による保護等級「IP65」)を持たせている。本体サイズは幅60ミリメートル×高さ112ミリメートル×奥行33ミリメートルで、重量は約79グラム(電池含まず、吊り下げ用付属品含む)で、携帯使用から設置使用まで幅広く対応できる。

 タニタはこれまで、家庭用と業務用分野で手軽に利用できる小型の黒球式熱中症指数計を販売してきた。今回の「TC-310」の投入によって、重要性が高まっている組織的な熱中症対策が可能となる。今後もニーズに合わせたさまざまな熱中症指数計をラインアップすることで熱中症対策への取り組みをサポートしていきたい考え。

 WBGTは暑さの厳しさの程度を示す指数で、気温だけではなく、汗のかき方に関係する湿度、日射や地面からの照り返しによる熱(輻射熱)を取り入れて計算される。具体的には、乾球温度(気温)、湿球温度(湿度)、黒球温度(輻射熱)の三つを使って計算する。屋外と屋内ではそれぞれのWBGTを求める計算式が異なるため、同機器は乾球温度と黒球温度の差を利用して、屋外・屋内を自動判別してWBGTを求める機能を搭載している。

[小売価格]3万円(税別)
[発売日]7月1日(月)

タニタ=https://www.tanita.co.jp/


このページの先頭へ