日用品・生活雑貨

スターバックスコーヒージャパン、「蚊帳織5重ガーゼケットカップ」を奈良市内の5店舗で販売

2019.06.14 17:41 更新

 スターバックス コーヒー ジャパンは、6月20日から、奈良県の伝統産業である蚊帳織の技術から生まれたJIMOTO made Series NARA「蚊帳織5重ガーゼケットカップ」を奈良市内の5店舗で販売する。

 JIMOTO made Series NARA「蚊帳織5重ガーゼケットカップ」は奈良県の伝統産業である蚊帳織に着目し、商品を展開する。蚊帳織とは、たて糸とよこ糸が、交互に粗く織られた平織りで、夏の夜、蚊や害虫を防ぐために、四隅をつって寝床を覆う“蚊帳”に使用されている織り方とのこと。今回のJIMOTO made Seriesでは、昭和22年創業の奈良市内で蚊帳織の技術を伝承しながら、新しいことにチャレンジする大和織布とともに、オリジナルのガーゼケットを完成させた。綿100%の蚊帳生地を5枚重ねにしたガーゼケットは、ガーゼの素材が通気性を良くし、素材を重ねることで生まれる空気の層が、夏場は涼しく、冬場は暖かい、オールシーズンで使用できる商品に仕上げている。

 デザインは、日本の伝統色である若草色のドット柄。そして、よく見てみると、このドット柄は隠し絵のようにレイアウトされたスターバックスのドリンクカップのデザインとなっている。さらにペーパーカップの脇には、地域の皆さんに親しみのある奈良公園の鹿のイラストを入れ、商品タグには、スターバックス、大和織布、奈良の名称を入れ、地域とのつながりを表現している。蚊帳生地から作られたガーゼケットは、使用を重ねていくうちに、生地の柔らかさや肌触りが増し、ふんわりと優しく体を包んでくれる。肌寒い時のひざ掛け、室内での空調の風よけなど、幅広い用途で利用できるとともに、使用していくうちに風合いが増し、愛着を感じてもらえるガーゼケットとなっている。

 JIMOTO made Seriesは、日本各地にあるその地元の産業、素材を取り入れた商品を開発。そして、その地元の店舗のみで販売し、その土地ごとの産業、その土地にいる人を大切にしたいという思いをはぐくむために、生まれた。商品を通じて地域の文化、産業、地元で暮らす人などを知り、今まで以上に地元に対する愛着や誇りを感じてもらう機会になることを願い、2016年から実施している。

[小売価格]5400円(税別)
[発売日]6月20日(木)

スターバックス コーヒー ジャパン=https://www.starbucks.co.jp/


このページの先頭へ