日用品・生活雑貨

ブラック・アンド・デッカー、手の届かない高い枝もラクに切断できる「18V高枝ポールチェーンソー」を発売

2019.06.12 10:20 更新

 スタンレー ブラック・アンド・デッカーは、手の届かない高い枝もラクに切断できる充電式園芸工具シリーズの新製品として、作業量が従来の約2倍の「18V高枝ポールチェーンソー」(品番:GPC1840LN)を、6月下旬からホームセンターなどで発売する。

 同シリーズは、最大3mになるジョイント式のポールを採用することで、最大4m程度の高さまでチェーンソーが届き、直径17cmまでの枝の切断が可能とのこと。従来脚立や高枝のこぎりを使用していた手間のかかる太い枝も安全かつ快適にカットでき、2015年発売の現行モデルは国内累計6万台以上を出荷する園芸工具の主力製品となっている。

 新商品は、家庭用園芸工具としては最大クラスとなる4.0Ahの18Vリチウムイオンバッテリーを採用し、1回の充電あたり従来の約2倍となる298本の枝(直径3.8cm)が切断可能(従来の2.0Ahタイプと同条件での比較。木の種類などによって異なる)とのこと。ポールの長さは約2mと約3mに調節可能。また、今年からナイロントリマーやヘッジトリマー、ブロワーといった製品でも採用している同バッテリーは、ブラック・アンド・デッカーの18Vシリーズ園芸工具や電動工具など23機種と互換性があるという。

[小売価格]1万9800円(税別)
[発売日]6月下旬

スタンレー ブラック・アンド・デッカー=http://www.blackanddecker-japan.com/


このページの先頭へ