日用品・生活雑貨

ユニ・チャーム、生理用ナプキン「センターインコンパクト1/2」シリーズを刷新し発売

2019.04.16 19:30 更新

 ユニ・チャームは、外出時もモレにくい改良に加え、パッケージや個別ラップを刷新した生理用ナプキン「センターインコンパクト1/2」シリーズを、4月から発売する。

 近年、女性の社会進出によるライフスタイルの変化に伴い、ナプキンにおいても持ち運びに便利なコンパクト性やデザイン性を重視するニーズが拡大している。「センターインコンパクトスリム」シリーズは、デザイン性の高さと持ち運びしやすいサイズで、消費者から好評を得ているという。

 今回新たに、女性が昼間にナプキンを使用した際、約8割(ユニ・チャーム調べ)の人がナプキンのヨレやズレ、またモレを経験していることがわかった。女性は通学や通勤などで、1日の多くの時間を外出先で過ごしているため、様々な日常的動作によってナプキンと身体の間に隙間が発生する。

 そこで今回、外出時もモレにくく安心な“Wフィット構造”を搭載した「センターインコンパクト1/2」シリーズを、4月から発売する。

 「センターインコンパクト1/2」シリーズは、中央部分を隆起させた凸となる“Wフィット構造”によって身体へのフィット性がアップし、経血が膣口から落ち、肌を伝わる前に、ナプキンが経血を吸い取るため、モレにくく安心となっている。“サラクリーンミスト”がドロッとした経血(かたまりを含む極端に粘度の高い経血は吸収できない)の吸収をしやすくすることで、表面に残る経血を1/5(同社従来品比)へと軽減し、肌のサラサラが続く。従来から厚みがアップしたふっくら仕立てで、優しい肌触りとなっている。肌にあたる力を大幅にカットしたふんわり立体ギャザーで、股ぐりのこすれを低減した。

[小売価格]オープン価格
[発売日]4月

ユニ・チャーム=http://www.unicharm.co.jp/


このページの先頭へ