日用品・生活雑貨

リッチェル、花苗ポットをセットするだけで簡単に設置できる「ポットインプランター」を発売

2019.02.25 18:30 更新

 リッチェルの環境用品部門は、花苗ポットをセットするだけで簡単に設置ができる「ポットインプランター」を1月25日に自社サイトならびに全国の代理店を通して発売した。近年工事現場の景観配慮や歩道の間仕切り、イベント、公共緑化などに草花を植えたプランターを活用するシーンが増えているが、「植え込む作業が面倒」「毎日の水やりが大変」「期間終了後の土の廃棄などの撤去が大変」といった管理作業面での負担を訴える声も聞かれる。人手不足や夏の猛暑を考えると極めて切迫した課題となっている。「ポットインプランター」は、これらの課題を解決するために開発したという。土を使わず手軽に植物を飾ることができ、水管理も省力化する新発想の簡易型公共用プランターとなっている。

 「ポットインプランター」は、花苗ポット3.5号(10.5cm)を使用しトレーポケット部にセットするだけで設置ができ、土への植え込み作業は不要とのこと。プランター本体に水が貯められる底面給水式となっている。専用トレーに設置する給水プレート(不織布)を通じてポットに適宣供給され、水やりの頻度を減らすことができるという。水は一定の水位に達するとオーバーフロー穴により排水されるので根腐れの心配もないとのこと。

 設置、日常の管理はもちろんのこと、花の状態に応じたポットの取り替えが簡単で、設置期間終了後の土の廃棄も不要なため、現場の作業負担が従来型プランターに比べ大きく軽減できるという。特に大量に設置したい場所にはお薦めだとか。

[小売価格]
ポットインプランター65型:1300円
ポットインプランターワイド68型:3500円
(すべて税別)
[発売日]1月25日(月)

リッチェル=http://www.richell.co.jp/


このページの先頭へ