日用品・生活雑貨

象印マホービン、子どもの成長を考慮したデザインのステンレスボトル「TUFF(タフ)」(SP-JB型)を発売

2018.12.27 19:13 更新

 象印マホービンは、子どもの年齢による好みの変化に合わせてデザインを刷新したステンレスボトル「TUFF(タフ)」(SP-JB型)を来年1月21日から発売する。

 SP-JB型の主なターゲット層である就学前から小学生の子どもは、成長とともに使用サイズやデザインの好みが変化する年代とのこと。新製品は、より子どもに合ったステンレスボトルを選べるよう、デザインを一新。個性の異なる5種類の色柄と3サイズ展開(06サイズの色柄は、ダイナソーブルー、ハートブルーの2種のみ。08/10サイズの色柄は、ブラックブルー、ミックスパープル、スターミントの3種のみ)で、幅広い年齢に対応する。

 また、飲みやすさと使いやすさを考慮したさまざまな工夫も同製品の特長とのこと。飲み口を大きく斜めにカットした「スムーズダイレクト飲み口」は、空気の通り道を確保することで小さな子どもでもスムーズに飲むことができる独自設計となっている。さらに、簡単操作で直接飲めるダイレクトタイプと、注いで飲めるコップタイプの2通りの飲み方が可能だとか。塩分によるサビに強い仕様でスポーツドリンクにも対応しているので、あらゆるシーンで使用できる。

[小売価格]7000円~8000円(税別)
[発売日]2019年1月21日(月)

象印マホービン=http://www.zojirushi.co.jp/


このページの先頭へ